編集長コラム

障害者スポーツのおもしろさを求め、現場へ

第69回 選手と企業が創り出す新しい雇用のかたち

写真:西選手と、野村不動産パートナーズの社員 6月4~5日、新潟市でジャパンパラ陸上競技大会が行われました。数年ぶりに訪れましたが、観客数はもとよりメディアの数の多さに驚きました。2020年に向けて、各メディアのパラスポーツへの注目度は着実に上がってきています。

 さて、あちこちを巡っていると、スタンドにひときわ目立つオレンジ色の応援団がいるのに気が付きました。車いす陸上の西勇輝選手が所属する野村不動産パートナーズの社員による応援団でした。
 西選手は2013年アジアユースパラ競技大会の日本選手団主将を務めました。今年の4月に社会人となりましたが、同社へはアスリート枠ではなく、一般の社員雇用での入社です。

 人事担当者は、入社前からのやりとりで、西選手がパラリンピック出場を目指していること知りました。それならば社をあげてバックアップしよう、ということになっていったそうです。とはいっても、もともとアスリート採用を目的としていたわけではないので、「まさに右往左往でした」(人事担当者)。世界を目指すアスリートとどう向きあえばいいのか。また、引退後の方が長い会社員人生をどのようにするのか。それを前提として現役時代をどのようにするのか。手探り状態が続きました。それでも西選手とのコミュニケーションをとにかく大切に丁寧に行い、少しずつ環境を作ったそうです。

このつづきは >>二宮清純責任編集「SPORTS COMMUNICATIONS」サイトでお楽しみください!




伊藤 数子(いとう かずこ)

挑戦者たち編集長
/NPO法人STAND代表理事

新潟県生まれ。1991年に車いす陸上を観戦したことがきっかけとなり、障害者スポーツの振興に携わるようになる。未来に向けて次代の選手・ファンを拡げていくために、障害者スポーツのスポーツとしてのおもしろさを伝えるウェブサイト「挑戦者たち」、障害者スポーツ競技大会のインターネットライブ中継「モバチュウ」、障害者スポーツ体験会などの事業を企業・団体と協働で展開している。2012年ロンドンパラリンピックでは日本選手たちの挑戦を伝えるウェブサイト「The Road to London」を開幕1年前に開設した。著書に「ようこそ、障害者スポーツへ -パラリンピックを目指すアスリートたち-」(廣済堂出版)など。

ロンドン2012パラリンピック 日本選手たちの挑戦 「The Road to London」

フェイスブック

ツイッター

  • 清水建設株式会社
  • LIXIL×SPORTS
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト