編集長コラム

障害者スポーツのおもしろさを求め、現場へ

第76回 新年に誓う。今年のテーマは「仲間をつくろう!」

車いすダンスをする選手 先日、NPO法人STANDの顧問の先生に事業の報告に行きました。この方はいつも「ピリッ」「グサッ」、そして「ほろり」とくるひと言をくださるとても大切な方です。パラスポーツの体験会にもスーツ姿ではなく、ジーンズをはいて気さくに来てくださいます。

 さて、NPOを始めて13年。いろいろな方から「いいことをやってますね」と褒めていただきます。
 とても嬉しく思っています。そんな中で先日、顧問の先生はこんなことを言ってくださいました。「ピリッ」ときて「グサッ」ときたひと言でした。
「いいことやってますね。でも、NPOの人の多くは、自分の所だけがすごくいいことやってるって思っている感じがするなぁ。その通りなのはよく分かります。でも自分たちだけで頑張るのではなく、みんなが力を合わせたら、もっといいことができるんじゃないかなぁ」と。

 「う~ん」と唸って、そして猛省しました。
 そもそも自分の力だけでできることなんてひとつもないのに、気がつくと自分だけ、自分たちだけでやろうとしていました。これはいけません。大切なことをご教授いただいたことに感謝でいっぱいです。
 そこで今年は「仲間をつくる」ことにしました。

このつづきは >>二宮清純責任編集「SPORTS COMMUNICATIONS」サイトでお楽しみください!




伊藤 数子(いとう かずこ)

挑戦者たち編集長
/NPO法人STAND代表理事

新潟県生まれ。1991年に車いす陸上を観戦したことがきっかけとなり、障害者スポーツの振興に携わるようになる。未来に向けて次代の選手・ファンを拡げていくために、障害者スポーツのスポーツとしてのおもしろさを伝えるウェブサイト「挑戦者たち」、障害者スポーツ競技大会のインターネットライブ中継「モバチュウ」、障害者スポーツ体験会などの事業を企業・団体と協働で展開している。2012年ロンドンパラリンピックでは日本選手たちの挑戦を伝えるウェブサイト「The Road to London」を開幕1年前に開設した。著書に「ようこそ、障害者スポーツへ -パラリンピックを目指すアスリートたち-」(廣済堂出版)など。

ロンドン2012パラリンピック 日本選手たちの挑戦 「The Road to London」

フェイスブック

ツイッター

  • 清水建設株式会社
  • LIXIL×SPORTS
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト