編集長コラム

障害者スポーツのおもしろさを求め、現場へ

第83回 ボランティアスタッフが活躍して、共生社会へ

写真:ボランティアアカデミーの受講風景前回の小欄で取り上げたスーパーラグビーや、東京マラソンなどの大きなスポーツイベントの運営に、今やボランティアスタッフは欠かせない存在となっています。それは私たちSTANDが行う様々なイベントでも同様です。

 事前の準備や当日の力になるのはもちろんのこと、現場にいるからこそ私たちの目が届かない様々なことに気付いて、情報を持ち込んでくれたり、アイディアや改善点を出してくれます。その積み重ねでイベントは回を重ねるごとに良くなっていって、より幅広いサービスが可能になっています。

 2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都と大会組織委員会が発行した「東京2020大会に向けたボランティア戦略」によれば、大会ボランティアと都市ボランティアを合わせて9万人以上を組織する計画が発表されています。ボランティアへの興味、気運も高まっており、応募者数は募集人員の数倍になると見込まれています。

 STANDでは15年から「ボランティアアカデミー」という事業を行っています。13年、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まった後、STANDのオフィスに多くの電話がかかってきました。「パラリンピックのボランティアをしたいがどうすればいいのか」「募集までに身に付けるべきことは」など、熱心な問い合わせばかりでした。

このつづきは >>二宮清純責任編集「SPORTS COMMUNICATIONS」サイトでお楽しみください!




伊藤 数子(いとう かずこ)

挑戦者たち編集長
/NPO法人STAND代表理事

新潟県生まれ。1991年に車いす陸上を観戦したことがきっかけとなり、障害者スポーツの振興に携わるようになる。未来に向けて次代の選手・ファンを拡げていくために、障害者スポーツのスポーツとしてのおもしろさを伝えるウェブサイト「挑戦者たち」、障害者スポーツ競技大会のインターネットライブ中継「モバチュウ」、障害者スポーツ体験会などの事業を企業・団体と協働で展開している。2012年ロンドンパラリンピックでは日本選手たちの挑戦を伝えるウェブサイト「The Road to London」を開幕1年前に開設した。著書に「ようこそ、障害者スポーツへ -パラリンピックを目指すアスリートたち-」(廣済堂出版)など。

ロンドン2012パラリンピック 日本選手たちの挑戦 「The Road to London」

フェイスブック

ツイッター

  • 清水建設株式会社
  • LIXIL×SPORTS
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト