編集長コラム

障害者スポーツのおもしろさを求め、現場へ

第86回 東京パラリンピック、開催1000日前

写真:13年9月、2020年のオリンピック・パラリンピック開催都市が東京に決まった  11月29日は東京パラリンピックまで1000日前という節目の日でした。「1000日後、自分は何をしているんだろう?」と想像すると夢が膨らむと同時に新たなエネルギーが湧いてきます。


 話は8年前にさかのぼります。09年10月2日、東京都庁で「東京オリンピック・パラリンピック開催決定を迎える会」が行われていました。結果は「16年大会は東京招致ならず」という残念なものでしたが、そのときのメモにこう書いていました。

<会場ではたくさんの方とお話をしたし、いろんな方のスピーチも拝聴した。ほとんどの人が「オリンピック招致」「オリンピック開催」と言っていて、「東京オリンピック・パラリンピック」とセットで発言する人はごくわずかだった......>

 まだ「パラリンピック」という言葉が浸透していなかったことがわかります。一方で最終プレゼンの行われていたコペンハーゲンの会場では、「パラリンピック」という言葉が数多く発せられていたと聞きました。「残念だなあ」というのがそのときの私の素直な感想でした。会場に同席していた数名のパラリンピアンも、このことを課題にあげていました。「これからはもっと日本でもパラリンピックのことを知ってもらわないと」とお互いに話したものです。

 その4年後の2013年9月7日、ブエノスアイレスで行われた最終プレゼンで、「2020東京」の開催が決定しました。このころには09年当時とは違って「東京オリンピック・パラリンピック招致」と多くの人が言うようになっていたことが思い出されます。

このつづきは >>二宮清純責任編集「SPORTS COMMUNICATIONS」サイトでお楽しみください!




伊藤 数子(いとう かずこ)

挑戦者たち編集長
/NPO法人STAND代表理事

新潟県生まれ。1991年に車いす陸上を観戦したことがきっかけとなり、障害者スポーツの振興に携わるようになる。未来に向けて次代の選手・ファンを拡げていくために、障害者スポーツのスポーツとしてのおもしろさを伝えるウェブサイト「挑戦者たち」、障害者スポーツ競技大会のインターネットライブ中継「モバチュウ」、障害者スポーツ体験会などの事業を企業・団体と協働で展開している。2012年ロンドンパラリンピックでは日本選手たちの挑戦を伝えるウェブサイト「The Road to London」を開幕1年前に開設した。著書に「ようこそ、障害者スポーツへ -パラリンピックを目指すアスリートたち-」(廣済堂出版)など。

ロンドン2012パラリンピック 日本選手たちの挑戦 「The Road to London」

フェイスブック

ツイッター

  • 清水建設株式会社
  • LIXIL×SPORTS
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト