編集長コラム

障害者スポーツのおもしろさを求め、現場へ

第93回 パラスポーツ体験会を進化させる

シッティングバレーボールの体験会 2020東京パラリンピックに向けて、パラスポーツを多くの人に知ってもらおうと、パラスポーツ体験会が様々なかたちで行われています。主催は自治体、企業、各種団体など、STANDでも設立以来、定期的に行っています。
 パラアスリートの講演、パラアスリートとのふれあいや一緒に行うスポーツ体験、障がいのある人とない人がスポーツを通じて一緒に遊ぶ、などが主なコンテンツです。
 
 2013年、2020東京パラリンピックの開催が決定した当時はまだパラスポーツのことがあまり知られていませんでした。その頃の体験会は「競技が身近になった」「競技の面白さを知った」「パラリンピアンのすごさを知った」と大変有意義なものでした。

 あれから5年が経ち体験会はパラスポーツを知ってもらうという役割から、現在は少し変化してきました。体験会に参加した方からいただく感想の中に、「アイマスクをして歩いてみた。やはり見えないと不便」「車いすに乗ってバスケットは楽しいけど、階段は大変だ」という声があります。これでは障がいの不便さだけが印象に残ってしまいます。ここには大きな課題があると考えています。
「不便だけれど大変だけれど、こうしたらこういうことができる」という理解の先にある工夫の段階までを体験会の中で進めることが重要だと考えています。


このつづきは >>二宮清純責任編集「SPORTS COMMUNICATIONS」サイトでお楽しみください!




伊藤 数子(いとう かずこ)

挑戦者たち編集長
/NPO法人STAND代表理事

新潟県生まれ。1991年に車いす陸上を観戦したことがきっかけとなり、障害者スポーツの振興に携わるようになる。未来に向けて次代の選手・ファンを拡げていくために、障害者スポーツのスポーツとしてのおもしろさを伝えるウェブサイト「挑戦者たち」、障害者スポーツ競技大会のインターネットライブ中継「モバチュウ」、障害者スポーツ体験会などの事業を企業・団体と協働で展開している。2012年ロンドンパラリンピックでは日本選手たちの挑戦を伝えるウェブサイト「The Road to London」を開幕1年前に開設した。著書に「ようこそ、障害者スポーツへ -パラリンピックを目指すアスリートたち-」(廣済堂出版)など。

ロンドン2012パラリンピック 日本選手たちの挑戦 「The Road to London」

フェイスブック

ツイッター

  • 清水建設株式会社
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト