編集長コラム

障害者スポーツのおもしろさを求め、現場へ

第98回 わからないから面白い! 渋谷「パラ草の会」

パラ草の会・代表の髙橋千善さん パラスポーツを応援する草の根運動の会、通称・パラ草の会。この会は東京パラリンピックを盛り上げるだけでなく、地域社会への貢献を通じて、共生社会の実現を目指しています。代表を務める髙橋千善さんは、生まれも育ちも東京都渋谷区、三代続く地元企業の社長です。

 髙橋さんは2020年に東京オリンピック・パラリンピックがやって来ることを受けて、「パラリンピックを応援しよう」と思い立ち、「パラリンピックを応援する勝手連」を立ち上げました(のちに勝手連から草の根運動の会に変更)。ところが、オリンピック・パラリンピック大会組織委員会のブランドプロテクションに抵触するため、「パラリンピック」という名称は使ってはいけないということが分かりました。さらに会員が集まらないことも悩みでした。

 会の趣旨を説明すると「いいねえ」と多くの人は言うものの入会してくれず、会員が集まりません。会の活動はほぼ暗礁に乗り上げ、髙橋さんは「もう会は解散してしまおうかな」と、以前勤めていた会社の後輩に相談しました。その会社でオリンピック・パラリンピック担当をしていた人物です。

 そこで会の解散を相談するうちに、髙橋さんが「パラリンピックを応援するだけでなく、パラスポーツで渋谷を共生社会にすることに目的を変えればその方が幅も広がるし、2020年以降も活動を継続できるんじゃないか」と言うと、「先輩、いいじゃないですか! やりましょう」と。そして、その後輩に「じゃあ、手伝ってくれ」と頼んでいたのです。会を解散する相談のはずが、「パラ草の会」として活動が続くことになりました。髙橋さんいわく、まさにケガの功名です。......。

このつづきは >>二宮清純責任編集「SPORTS COMMUNICATIONS」サイトでお楽しみください!




伊藤 数子(いとう かずこ)

挑戦者たち編集長
/NPO法人STAND代表理事

新潟県生まれ。1991年に車いす陸上を観戦したことがきっかけとなり、障害者スポーツの振興に携わるようになる。未来に向けて次代の選手・ファンを拡げていくために、障害者スポーツのスポーツとしてのおもしろさを伝えるウェブサイト「挑戦者たち」、障害者スポーツ競技大会のインターネットライブ中継「モバチュウ」、障害者スポーツ体験会などの事業を企業・団体と協働で展開している。2012年ロンドンパラリンピックでは日本選手たちの挑戦を伝えるウェブサイト「The Road to London」を開幕1年前に開設した。著書に「ようこそ、障害者スポーツへ -パラリンピックを目指すアスリートたち-」(廣済堂出版)など。

ロンドン2012パラリンピック 日本選手たちの挑戦 「The Road to London」

フェイスブック

ツイッター

  • 清水建設株式会社
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト