二宮清純の視点

二宮清純が探る新たなるスポーツの地平線

第1回「クロスカントリーは"自分への挑戦"」

~パラリンピックへの熱き思い~(1/4)

世界43カ国から約600人のアスリートが一堂に会し、熱戦が繰り広げられるパンクーバーパラリンピック。3月12日に開幕する同大会では、5競技が行なわれる。日本からは42人の選手が出場する予定だ。なかでも日本のエースとしてメダル獲得が期待されているのがクロスカントリー代表の新田佳浩選手だ。

クロスカントリーは10キロ個人クラシカル、20キロ個人フリー、1キロスプリント、リレーの4種目がある。男女別にスタンディング(立位)、シッティング(座位)、ビジュアリーインペアード(視覚障害)といった3つのカテゴリーに分けられており、それぞれのカテゴリー内で障害の種類や程度などによってクラス分けされている。順位は実走タイムに、クラスごとに設定された係数(障害の程度によって決められたハンデ)をかけた計算タイムで決定される。

カーブやアップダウンがいくつもある大自然の中で行なわれるクロスカントリーは、スピードやパワー、そして巧みな駆け引きや精神的強さを要する魅力たっぷりの競技だ。今回4度目のパラリンピック出場を決めた新田選手。2002年ソルトレークシティー大会では銅メダルを獲得しているが、1位選手のドーピング違反での繰り上げによるメダルに自身は納得していない。今大会は日本選手団の主将にも抜擢されており、ソルトレークシティー大会以上の結果を目指している。カナダに飛ぶ直前、二宮清純がロングインタビュー。クロスカントリーの醍醐味、そしてパラリンピックにかける思いを訊いた。

トリノパラリンピックでの新田選手(Photo by:清水 一二)

二宮: バンクーバーパラリンピック出場、おめでとうございます。長野大会以来、4大会連続の出場になりますね。先に行なわれたバンクーバー五輪ではスピードスケートの長島圭一郎選手と加藤条治選手がそれぞれ銀メダル、銅メダル、そしてフィギュアスケートでも高橋大輔選手が銅メダル、浅田真央選手が銀メダルを獲得しました。ご覧になっていましたか?


新田: はい。もう鳥肌がたちました。長島選手がレースを終えてガッツポーズをしましたよね。それを見て「4年間かけてこのレースに全てを出し切ったんだな」と思ったら、やっぱりスポーツっていいなって改めて思いました。

二宮: 自分自身を投影させたのでは?

新田: そうですね。今シーズン、W杯で1勝したのですが、ゴールした後に荒井秀樹監督やワックスマンコーチと握手をしたんです。その時、「このために僕はやってきたんだな」って思ったんですけど、そのシーンとだぶりましたね。

二宮: 荒井監督はご覧になられましたか?

荒井: 翌日、スピードスケートの結果は朝のニュースで見ました。長島選手のガッツポーズや、レース後のインタビューを聞いても、やはりイメージトレーニングというのはすごく大切だなと思いましたね。僕たちも、普段トレーニングをする時、選手たちができるだけいいイメージをもってやれるようにと常に考えています。それこそレースの前日には翌日、自分が表彰台に上がっているイメージができればと。特にパラリンピックの選手はいろいろな思いを抱いて生きていますので、イメージづけは重要なんです。五輪はそれを再認識させてくれましたね。

二宮: イメージトレーニングではどのようなことをされているんですか?

荒井: 練習の際に、毎回競技に対する心理テストを行なっています。それを自己採点して、自分の状況を把握しておくんです。それがパフォーマンスにどう影響するのかを見ていきます。

二宮: 実際、どんな成果がありましたか?

新田: 心理テストの結果を見て、まずは日々の目標を立ててやってみたらどうかと提案されたんです。その日、目標が達成されたかどうかを見て、できていたら次のステップというふうに一つ一つクリアしていこうと。というのも、その日、自分自身が満足のいくトレーニングができたかできないかでは同じことをやっても全然違います。それを1年というスパンで見ると、相当大きな差になってくる。それがわかってから、自分が納得のいく練習を1日でも、1回でも多くしたいと考えるようになりました。それがパラリンピックのような大舞台での自信にもつながるのではないかと思っています。

日本人選手に有利な雪質

二宮: いよいよパラリンピックが間近に迫ってきていますが、イメージトレーニングの内容に変化はありますか?

新田: 昨シーズン、本番と同じコースを滑ったのですが、その際にカーブや上り坂などコースの写真を撮りました。全部で50枚くらいになるのですが、それを見ながら頭の中で「ここではこういう滑りをしよう」というイメージをわかせています。

二宮: 実際に滑ってみて、バンクーバーのコースはどんな印象をもちましたか?

新田: 時間によって、コースの状態が変わりやすい場所ですね。僕自身はアップダウンが多い方が好きなので、今回は自信をもってスタート地点に立てるのではないかと思っています。

二宮: 新田さんが銅メダルを獲得した8年前のソルトレークシティー大会とは同じ北米ということもあって、雪質は似ているのでしょうか?

新田: いえ、ソルトレークシティーがあるユタ州は、だいぶ内陸の方に位置していますので、パウダースノーばりの雪質なんです。でも、バンクーバーは太平洋沿岸ですので、塩分を含んでいて、日本でいえば新潟のような日本海側の地域に近い雪質です。

二宮: なるほど。海風を受けていますから、湿っていて重いんでしょうね。ということは、滑るにもパワーが必要になりますね。

新田: はい。スキー板で蹴ったり、ストックを突いたりするときも埋まってしまいがちになりますので、いかにそこでロスせずに滑られるかが重要になってきます。ただ、日本人選手は国内で同じような雪質のコースを滑っているので慣れています。逆にヨーロッパの選手はそういった雪質で滑る機会が少ないので、日本人選手には有利なコースといえると思います。

左右のバランスに欠かせない体幹

二宮: いろいろとスキー競技はありますが、新田さんはなぜクロスカントリーを選ばれたのでしょうか?

新田: クロスカントリーは日頃、練習してきたことが全て試合に出るんです。だから、自分がどこまでできるのかチャレンジしたことが、結果として出る。つまり「自分への挑戦」なんです。それがクロスカントリーの魅力だと思います。

二宮: ただ、どうしても右手一本でストックを突きますから、バランスをとることは難しくなりますよね。それをどのようなトレーニングで克服されたのでしょうか?

新田: まずはマラソンと同じような考え方なんですけども、最後まで自分の力をしっかりと出して走りきるには、倍以上の走れるだけのスタミナがないといけません。それといいフォームを身につけるために、日常生活から変えていきました。以前は普段、ご飯を食べたり、ものを書いたりする時、右手だけを使おうとするので、左手は下げたままの状態になっていたんです。それでは左手は力がつきません。そのことに初めて気づかされたのは、僕が長野パラリンピック代表になって初めての合宿の時でした。ご飯の時、左手を下げたまま、右手だけを出して食べていたんですね。そしたら荒井監督に「左手もテーブルの上に出して食べなさい」と言われたんです。「スキーをやっている時だけでなく、普段から肩のレベルを地面と平行にしなければいけないよ」と。そんな基本的なところからスタートしました。また、左肩をほとんど使っていなかったので、当時は可動域が本当に狭かった。だから、リハビリのようなことから始めたんです。

現在は左右のバランスが悪くならないように、そして全身的なパワーが出るように、トレーナーの方に見てもらいながら、広背筋を含めて左手を鍛えています。

二宮: とはいっても、右手だけでストックを持ちますから、右の方に重心がかかりますよね。バランスをとるためにはどんなトレーニングを?

新田: まだ筋力がなかった高校時代は、どうしても右のストックでしっかりと押したいので、顔をストックに近づけて押していたんです。でも、それでは体が傾いてしまいますから、どうしてもロスが生まれてしまっていましたし、腰痛にもなりやすかったんです。でも、体幹をきちんと鍛えることによって、オリンピックの選手と同じように、実際には左手がなくても、両手でストックを突いているような動きができるようになりました。今でも、体幹を意識したトレーニングと筋力づくりは欠かせません。

(第2回に続く)


<新田 佳浩(にった よしひろ)プロフィール>
1980年6月8日、岡山県出身。3歳時に事故で左前腕を切断。4歳からスキーを始め、小学3年時にクロスカントリーに出合う。高2で長野パラリンピックに出場。筑波大学4年時に出場したソルトレークシティーパラリンピックではクラシカル5キロで銅メダルを獲得した。2003年、アディダス・ジャパンに入社。同年の世界選手権、クラシカル10キロで優勝。2006年日立システムアンドサービスに入社。2010年バンクーバーパラリンピックでは日本選手団主将に抜擢された。
新田選手は現在日立システムアンドサービスのスキー部に所属している。

<荒井 秀樹(あらい ひでき)プロフィール>
1955年、北海道出身。日本パラリンピックノルディックスキーチーム監督兼日立システムアンドサービススキー部監督。1998年長野パラリンピック開催を機に障害者ノルディックスキー選手の育成・強化に努めている。


日立システムスキー部ブログ




二宮 清純(にのみや せいじゅん)

スポーツジャーナリスト。
1960年、愛媛県生まれ。オリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開。テレビのスポーツニュースや報道番組のコメンテーターとしても活動中。主な著書に「スポーツ名勝負物語」(講談社現代新書)、「プロ野球の一流たち」(講談社現代新書)など。障害者スポーツでは矢野繁樹、成田真由美、国枝慎吾などのノンフィクションを執筆している。

[HP] SPORTS COMMUNICATIONS ~二宮清純責任編集~


"挑戦者たち"への取材にあたって

totoバナー

[バックナンバー]

第80回 木村潤平選手
 ~前向きに突き進むパラスポーツの鉄人~

写真:木村潤平選手

第79回 吉田信一選手
 ~世界で煌めく金髪の卓球王~

写真:吉田信一選手

第78回 伊藤力選手(パラテコンドー)
 ~東京へと踏み出す新たなチカラ~

写真:伊藤力選手

第77回 瀬立モニカ選手(パラカヌー)
 ~2020東京へと続く航路~

写真:瀬立モニカ選手

第76回 齋田悟司選手
 ~挑戦し続ける車いすテニスのレジェンド~

写真:齋田悟司選手

第75回 山田拓朗選手
 ~パラアスリートの真の強化を目指す~

写真:山田拓朗選手

第74回 北沢洋平選手
 ~第一人者が創る電動車椅子サッカーの未来~

写真:北沢洋平選手

第73回 鈴木亜弥子選手(パラバドミントン)
 ~パラリンピック初代女王を目指して~

写真:鈴木亜弥子選手

第72回 髙田裕士・千明選手夫婦(陸上競技)
 ~夫婦で競い、共に目指す世界一への夢~

写真:髙田裕士選手写真:髙田千明選手

第71回 安達阿記子選手(ゴールボール)
 ~連覇に懸けるストライカー~

写真:安達阿記子選手

第70回 西崎哲男選手(パワーリフティング)
 ~夢を掲げるパワーリフター~

写真:西崎哲男選手

第69回 平澤奈古選手(アーチェリー)
 ~目標を見据え、無心で射抜く~

写真:平澤奈古選手

第68回 根木慎志氏
 ~パラスポーツの未来へ 新たな連携と普及への取り組み~

写真:根木慎志氏

第67回 鈴木大地スポーツ庁長官
 ~スポーツ庁初代長官が目指す共生社会~

写真:鈴木大地スポーツ庁長官

第66回 落合啓士選手(ブラインドサッカー)
 ~障がいを超えた絆で夢を追う~

写真:落合啓士選手

第65回 鹿沼由理恵選手(自転車)
 ~冬から夏へ、夢のペダルを漕ぐ~

写真:鹿沼由理恵選手

第64回 馳浩文部科学大臣
 ~オリンピック・パラリンピックは「三位一体」で~

写真:馳浩文部科学大臣

第63回 遠藤利明東京オリンピック・パラリンピック大臣
 ~未来の共生社会につなげる東京パラリンピック~

写真:遠藤利明東京オリンピック・パラリンピック大臣

第62回 廣瀬隆喜選手
 ~日本ボッチャ界を牽引するエース~

写真: 廣瀬隆喜選手

第61回 及川晋平ヘッドコーチ
 ~男子車椅子バスケ、指揮官が描くストーリー~

写真:及川晋平ヘッドコーチ

第60回 眞田卓選手
 ~"現状打破"掲げる車いすテニスプレーヤー~

写真:眞田卓選手

第59回 辻口博啓氏
 ~食とスポーツで明るい未来を~

写真:辻口博啓氏

第58回 高桑早生選手(陸上競技)
 ~義足のスプリンターが駆け抜けるリオ、東京への道~

写真:高桑早生選手

第57回 星野仙一氏
 ~進化のため、勝ちにこだわる~

写真:星野仙一氏

第56回 宮本洋一氏
 ~企業と共につくる東京2020のレガシー~

写真:宮本洋一氏

第55回 木村敬一選手(水泳)
 ~若きリーダーが見据えるパラスポーツの未来~

写真:木村敬一

第54回 橘香織ヘッドコーチ、上村知佳選手(車椅子バスケットボール)
 ~4年前のリベンジ、そして東京へ―~

写真:橘香織ヘッドコーチ写真:上村知佳選手

第53回 川淵三郎氏
 ~障がいの有無を超えたスポーツの力~

写真:川淵三郎氏

第52回 村尾信尚氏
 ~メディアが映し出すパラリンピックとは~

写真:村尾信尚氏

第51回 舛添要一東京都知事
 ~2020年に残したい成熟都市のレガシー~

写真:舛添要一東京都知事

第50回 黒岩祐治神奈川県知事
 超高齢社会を乗り越えるために ~パラリンピアンがもつノウハウ~

写真:黒岩祐治神奈川県知事

第49回 馳浩衆議院議員
 進む強化策 広がる支援の輪 ~2020年に向けて~

写真:馳浩衆議院議員

第48回 下村博文文部科学大臣
~2020年成功のカギは「オールジャパン」~

写真:下村博文文部科学大臣

第47回 菅義偉内閣官房長官
 世界へ発信 成熟ニッポンの姿 ~2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて~

写真:菅義偉内閣官房長官

第46回 花岡伸和選手(陸上競技)
 ~2020年へ選手強化の展望~

写真:花岡伸和選手

第45回 櫻井智野風氏
 ~科学が引き出す未知の力~

写真:櫻井智野風氏

第44回 田中晃氏
 ~スポーツ中継 新たなるチャレンジ~

写真:田中晃氏

第43回 久保恒造選手(クロスカントリースキー)
 ~悲願の金メダルを目指して~

写真:久保恒造選手

第42回 宮澤保夫氏
 ~「人を排除せず、認め、仲間をつくる」社会へ~

写真:宮澤保夫氏

第41回 鈴木寛氏
 ~2020 オリンピック・パラリンピック開催地決定!招致活動の現場と今後の展望~

写真:鈴木寛氏

第40回 田口亜希選手
 ~射撃に魅せられて~

写真:田口亜希選手

第39回 京谷和幸氏
 ~バスケットマンからサッカー指導者へ~

写真:京谷和幸氏

第38回 佐藤真海選手(陸上競技)
 ~東京がロンドンから学ぶこと~

写真:佐藤真海選手

第37回 鈴木孝幸選手(水泳)
 ~高まるパラリンピックの存在価値~

写真:鈴木孝幸選手

第36回 小倉和夫氏
 ~東京オリンピック・パラリンピック招致に向けて~

写真:小倉和夫氏

第35回 河野一郎氏
 ~日本のスポーツ振興の歩み~

写真:河野一郎氏

第34回 渡邉幸義氏
 ~スポーツの力でビジネスサポート~

写真:渡邉幸義氏

第33回 小宮正江選手、浦田理恵選手
 ~ゴールボールの世界に迫る~

写真:小宮正江選手写真:浦田理恵選手

第32回 秋山里奈選手(水泳)
 ~8年越しの金メダルへの軌跡~

写真:秋山里奈選手

第31回 ロンドンパラリンピック特別企画
写真:秋山里奈選手、車いすバスケ代表チーム、廣道純選手、国枝慎吾選手

第30回 半谷静香選手、小川直也氏 ~震災がもたらした出会い~
写真:半谷静香選手写真:小川直也氏

第29回 岩佐義明氏
 ~世界ベスト4へ"ハヤテジャパン"~

写真:岩佐義明氏

第28回 石井重行氏
 ~"異端児"から"世界トップメーカー"へ~

写真:石井重行氏

第27回 廣道純選手(陸上競技)
 ~日本人初のプロ車椅子ランナー~

写真:廣道純選手

第26回 寺西真人氏(水泳)
 ~知られざるタッピング技術と重要性~

写真:寺西真人氏

第25回 中北浩仁氏(アイススレッジホッケー)
 ~金メダルへの挑戦~

写真:中北浩仁氏

第24回 宮澤保夫氏
 ~排除のないスポーツ立国へ~

写真:宮澤保夫氏

第23回 丸山弘道氏
 ~車いすテニス・コーチングの奥義~

写真:丸山弘道氏

第22回 乙武洋匡氏
 ~未来を担う子どもたちへ~

写真:乙武洋匡氏

第21回 土田和歌子選手(陸上競技)
 ~進化し続けるパラリンピアン~

写真:土田和歌子選手

第20回 石井宏幸選手(ブラインドサッカー)
 ~サッカーに魅せられて~

写真:石井宏幸選手

第19回 臼井二美男氏
 ~義肢装具士が語るスポーツのススメ~

写真:臼井二美男氏

第18回 成田真由美選手
 ~酸いも甘いも味わった水泳人生~

写真:成田真由美選手

第17回 及川晋平選手(車椅子バスケットボール)
 ~"バスケバカ"の人生~

写真:及川晋平選手

第16回 中西麻耶選手(陸上競技)
 ~注目!世界の頂に最も近い日本人ジャンパー~

写真:中西麻耶選手

第15回 根木慎志選手
 ~車椅子バスケットボールと共に~

写真:根木慎志選手

第14回 中村太郎氏
 ~障害者スポーツの未来を語る~

写真:中村太郎氏

第13回 国枝慎吾選手(車いすテニス)
 ~世界のトップであり続けるために~

写真:国枝慎吾選手

第12回 三浦卓広氏
 ~新しい企業スポーツモデル~

写真:三浦卓広氏

第11回 大日方邦子選手(アルペンスキー)
 ~日本スポーツの未来のために~

写真:大日方邦子さん

第10回 田中晃氏
 ~スカパーの挑戦~

写真:田中晃氏

第9回 真野嘉久氏
 ~世界を目指せ! シッティングバレーボール~

写真:真野嘉久氏

第8回 笠井謙一氏
 ~東京都「スポーツ振興局」の試み~

写真:笠井謙一氏

第7回 河合純一氏(水泳)
 ~障害者スポーツの未来を考える~

写真:河合純一氏

第6回 狩野亮選手、マルハン韓裕社長~障害者スポーツと企業のかかわり~
写真:狩野亮選手写真:マルハン韓裕社長

第5回 中森邦男氏
 ~日本障害者スポーツの実相~

写真:中森邦男氏

第4回 森喜朗元首相
 ~国民誰にもスポーツする権利がある~

写真:森喜朗元首相

第3回 京谷和幸選手
 ~車椅子バスケの伝道師~

写真:京谷和幸選手

第2回 遠藤隆行選手
 ~氷上の格闘技に魅せられて~

写真:遠藤隆行選手

第1回 新田佳浩選手、荒井秀樹監督 ~パラリンピックへの熱き思い~
写真:新田佳浩選手写真:荒井秀樹監督


  • 清水建設株式会社
  • LIXIL×SPORTS
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト