二宮清純の視点

二宮清純が探る新たなるスポーツの地平線

第1回「バンクーバー、銀メダルの軌跡」

~氷上の格闘技に魅せられて~(1/4)

バンクーバー アイススレッジホッケー日本代表チーム主将 遠藤隆行選手アイススレッジホッケー日本代表が歴史を塗り替えた! 3月、カナダ・バンクーバーで開催されたパラリンピックで、アイススレッジホッケー日本代表が初めてのメダルを獲得した。初参加の長野大会以来、ずっと5位に甘んじてきた日本。今大会、初めて決勝トーナメント進出を果たし、準決勝で地元カナダを破るという快挙を成し遂げ、銀メダルに輝いた。
 アイスホッケーと同じリンクで行なわれるアイススレッジホッケーは、下肢障害者がスケートの刃が2枚ついているそり(スレッジ)に乗って行われる競技。両手にはスティックを持ち、スレッジをこいだり、パックを自在に操ってゴールを狙う。アイスホッケー同様、ボディチェックが認められており、"氷上の格闘技"とも呼ばれる迫力満点のスポーツだ。
 今回、バンクーバーで初の表彰台に上った日本代表。その立役者となったのが"世界最速"といわれるスピードを誇る遠藤隆行選手だ。大学時代にアイススレッジホッケーと出合い、ソルトレークシティー大会から3大会連続で出場。前回のトリノ大会に続いて主将としてチームを牽引した。大一番となった準決勝のカナダ戦で逆転勝利を呼ぶ同点ゴールを決めた。これまで決して恵まれているとはいえない環境の中、世界を相手に必死に戦ってきた遠藤選手。燦々と輝く銀メダルは、まさに氷上で流した汗と涙の結晶だ。
 バンクーバーでの興奮冷めやらぬ中、二宮清純が遠藤選手に直撃インタビュー。選手のみぞ知る現地での舞台裏や、アイススレッジホッケーにかける熱い思いを訊いた。

二宮: 銀メダル獲得、本当におめでとうございます!

遠藤: ありがとうございます。

二宮: 遠藤選手はパラリンピックで最も輝いた選手に贈られるファン・ヨンデ功績賞も受賞されました。

遠藤: はい。1988年のソウル大会に設立された賞なのですが、日本人では初めてということで光栄に思っています。

二宮: ところで今回のバンクーバー大会では、日本チームとしての目標はどこに置いていたのですか?

遠藤: 僕自身は3大会目になりますが、日本チームとしては長野で初めて参加して以来、4大会目。過去3回は全て5位という結果に終わっていたんです。しかし、トリノの後の世界選手権で初めて4位になるなど、着実に力をつけてきていましたので、もうこれはメダルに届くところまで来ているなと。最低でも銅メダル獲得ということで臨みました。

二宮: 初戦のチェコに勝ったことで波に乗りましたね。

遠藤: あの試合は大事でしたね。チームは少しかたくなっているところもありましたが、2ピリオド始まってすぐに僕のシュートで先制することができました。ただ最終ピリオドでGK永瀬充がグローブからパックを落として、相手に押し込まれてしまった。これで同点となったのですが、逆にそれで永瀬の緊張もほぐれたようですね。

二宮: しかし、その後、決勝点を奪って勝ちました。チームにとっては大きな1勝でした。

韓国選手とパックを奪い合う遠藤選手 試合は5-0で日本が快勝 Photo by : shimizu kazuji遠藤: そうですね。チェコとは今年1月にも長野で開催された大会で対戦しているんです。その時、日本は予選でチェコに負けていましたからね。気を引き締めて試合に臨みました。初戦で負けていたら、メダルはなかったと思います。

二宮: 次の韓国には5-0と快勝しましたが、リーグ戦最後のアメリカには0-6で完敗でした。やはりアメリカとは力の差を感じましたか?

遠藤: 確かに力の差はあったと思います。しかし、それ以上に感じたのが気持ちの面での差でしたね。それまで自分たちはパラリンピックの決勝リーグに進んだことがなかったこともあって、精神的な未熟さを思い知らされたというふうに僕は感じました。

二宮: 気持ち的に未熟だったというのは?

遠藤: チェコと韓国に勝って、そのままのテンションでアメリカ戦に入ってしまったんです。そこで「そんな気持ちでは、決勝リーグは勝ちあがれないぞ」ということをアメリカがしっかりと教えてくれました。ですから嫌な負け方というよりは「あぁ、全然気持ちが入っていなかったな」と。

勝利を呼び込んだ同点シュート

二宮: 準決勝では地元カナダに勝つわけですが、これは歴史的な勝利になりました。勝てばメダル確定という試合でしたからね。

遠藤: 正直、メダル獲得を目指してはいたものの、やっぱり上位3チーム(アメリカ、カナダ、ノルウェー)は不動でしたからね。なんとか頑張って銅メダルかなと。口には出しませんでしたが、心の中ではそう思っていたんです。

二宮: アメリカはずば抜けていますし、カナダは地元ですからね。最後は3位決定戦でノルウェーとの勝負になるかもしれないと......。

遠藤: はい。今だから言えますが、そんな弱気なことも考えていました。

二宮: 準決勝のカナダ戦は地元の応援がすごかったのでは?

遠藤: もう9割9分くらいが地元の応援で、僕たちは完全にアウエー状態でした。カナダは「ホッケー」というスポーツには本当に熱狂的なんです。開会式でも、単にホッケーの会場の説明がされただけというのに、ウワーッと盛り上がっていましたからね。

二宮: そのカナダに勝ってしまったんですからね。

遠藤: 今まで負け続けてきていましたから、僕自身は苦手意識があったんです。準決勝もカナダに先取点を入れられて......。でも、第2ピリオドで僕が同点ゴールを決めました。これが大きかったと思います。

二宮: 普通はホームのチームに先制されると、劣勢になってしまいがちです。

遠藤: そうなんです。カナダにリードされて、気持ち的にも落ちてしまっていたのですが、それでもみんなしっかりとテンションを保ってくれました。

地元カナダチームとの闘いを振り返る遠藤選手二宮: スコアは同点でも第2ピリオドが終わった時点でシュート数はカナダが14、日本は8。内容的にはカナダに圧倒されていましたね。

遠藤: はい。GK永瀬くんが本当によく守ってくれました。

二宮: 逆に言えば、日本が少ないチャンスをしっかりとモノにしたということですよね。そして最終ピリオドで上原大祐選手が勝ち越しのシュートを決めました。

遠藤: あの瞬間はしびれましたね。まだ時間が残っているのはわかっていたのですが、もう興奮してしまって......。みんなにも「まだ終わってないぞ」って声をかけたのですが......。

二宮: そして、終了間際に相手のオウンゴールで3点目が入って、結局3-1で勝ちました。アウエーチームにすれば、理想的な戦い方でしたね。

遠藤: ずっと負け続けてきた相手でしたからね。しかも0-5とか0-6という大差で。本当に嬉しかったですよ。

悔しさ残る決勝戦

二宮: 決勝ではアメリカを迎えるわけですが、どんなモチベーションだったのでしょう?

遠藤: アメリカはチャンピオンですので、強いことはわかっていました。でも、カナダを破ったことが自信になっていましたからね。ここまできたら金メダルが欲しい、という思いで臨みました。

二宮: 残念ながら、結果は0-2で負けてしまいました。やはりアメリカの壁は厚かった......。

遠藤: そうですね。悔しかったのは今大会、アメリカはリーグ戦も含めて無失点だったんです。決勝では僕がペナルティーショットを止められてしまって......。もし、あのシュートが入って1-1の同点になっていたら、また違う流れになったと思うんですけどね。

二宮: 大きなプレッシャーを感じましたか?

遠藤: そうですね。実はあの時、少し弱気になっていたんです。「代わりに誰かいってくれないかな」なんてことを言ったりして。あの日はもっとできたんじゃないかっていう悔いが残って、眠れませんでした。

二宮: とはいっても、日本チームとしては初めてのメダル獲得。歴史的な偉業といっても過言ではありません。

遠藤: そうですね。銀メダルを獲ったことに関しては、自分自身もすごく嬉しく思っています。

(第2回へつづく)

<遠藤隆行(えんどう・たかゆき)プロフィール>
1978年3月19日、埼玉県出身。先天性の両下肢欠損。大学時代にアイススレッジホッケーを始め、2002年ソルトレークシティー大会からパラリンピックに出場。前回のトリノ大会から2大会連続で主将としてチームを牽引した。今大会では開会式で日本選手団の旗手も務めた。世界屈指のスピードをいかしたプレーで、銀メダル獲得に大きく貢献。最も活躍した選手に贈られるファン・ヨンデ功績賞に日本人として初めて表彰された。




二宮 清純(にのみや せいじゅん)

スポーツジャーナリスト。
1960年、愛媛県生まれ。オリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開。テレビのスポーツニュースや報道番組のコメンテーターとしても活動中。主な著書に「スポーツ名勝負物語」(講談社現代新書)、「プロ野球の一流たち」(講談社現代新書)など。障害者スポーツでは矢野繁樹、成田真由美、国枝慎吾などのノンフィクションを執筆している。

[HP] SPORTS COMMUNICATIONS ~二宮清純責任編集~


"挑戦者たち"への取材にあたって

totoバナー

[バックナンバー]

第78回 伊藤力選手(パラテコンドー)
 ~東京へと踏み出す新たなチカラ~

写真:伊藤力選手

第77回 瀬立モニカ選手(パラカヌー)
 ~2020東京へと続く航路~

写真:瀬立モニカ選手

第76回 齋田悟司選手
 ~挑戦し続ける車いすテニスのレジェンド~

写真:齋田悟司選手

第75回 山田拓朗選手
 ~パラアスリートの真の強化を目指す~

写真:山田拓朗選手

第74回 北沢洋平選手
 ~第一人者が創る電動車椅子サッカーの未来~

写真:北沢洋平選手

第73回 鈴木亜弥子選手(パラバドミントン)
 ~パラリンピック初代女王を目指して~

写真:鈴木亜弥子選手

第72回 髙田裕士・千明選手夫婦(陸上競技)
 ~夫婦で競い、共に目指す世界一への夢~

写真:髙田裕士選手写真:髙田千明選手

第71回 安達阿記子選手(ゴールボール)
 ~連覇に懸けるストライカー~

写真:安達阿記子選手

第70回 西崎哲男選手(パワーリフティング)
 ~夢を掲げるパワーリフター~

写真:西崎哲男選手

第69回 平澤奈古選手(アーチェリー)
 ~目標を見据え、無心で射抜く~

写真:平澤奈古選手

第68回 根木慎志氏
 ~パラスポーツの未来へ 新たな連携と普及への取り組み~

写真:根木慎志氏

第67回 鈴木大地スポーツ庁長官
 ~スポーツ庁初代長官が目指す共生社会~

写真:鈴木大地スポーツ庁長官

第66回 落合啓士選手(ブラインドサッカー)
 ~障がいを超えた絆で夢を追う~

写真:落合啓士選手

第65回 鹿沼由理恵選手(自転車)
 ~冬から夏へ、夢のペダルを漕ぐ~

写真:鹿沼由理恵選手

第64回 馳浩文部科学大臣
 ~オリンピック・パラリンピックは「三位一体」で~

写真:馳浩文部科学大臣

第63回 遠藤利明東京オリンピック・パラリンピック大臣
 ~未来の共生社会につなげる東京パラリンピック~

写真:遠藤利明東京オリンピック・パラリンピック大臣

第62回 廣瀬隆喜選手
 ~日本ボッチャ界を牽引するエース~

写真: 廣瀬隆喜選手

第61回 及川晋平ヘッドコーチ
 ~男子車椅子バスケ、指揮官が描くストーリー~

写真:及川晋平ヘッドコーチ

第60回 眞田卓選手
 ~"現状打破"掲げる車いすテニスプレーヤー~

写真:眞田卓選手

第59回 辻口博啓氏
 ~食とスポーツで明るい未来を~

写真:辻口博啓氏

第58回 高桑早生選手(陸上競技)
 ~義足のスプリンターが駆け抜けるリオ、東京への道~

写真:高桑早生選手

第57回 星野仙一氏
 ~進化のため、勝ちにこだわる~

写真:星野仙一氏

第56回 宮本洋一氏
 ~企業と共につくる東京2020のレガシー~

写真:宮本洋一氏

第55回 木村敬一選手(水泳)
 ~若きリーダーが見据えるパラスポーツの未来~

写真:木村敬一

第54回 橘香織ヘッドコーチ、上村知佳選手(車椅子バスケットボール)
 ~4年前のリベンジ、そして東京へ―~

写真:橘香織ヘッドコーチ写真:上村知佳選手

第53回 川淵三郎氏
 ~障がいの有無を超えたスポーツの力~

写真:川淵三郎氏

第52回 村尾信尚氏
 ~メディアが映し出すパラリンピックとは~

写真:村尾信尚氏

第51回 舛添要一東京都知事
 ~2020年に残したい成熟都市のレガシー~

写真:舛添要一東京都知事

第50回 黒岩祐治神奈川県知事
 超高齢社会を乗り越えるために ~パラリンピアンがもつノウハウ~

写真:黒岩祐治神奈川県知事

第49回 馳浩衆議院議員
 進む強化策 広がる支援の輪 ~2020年に向けて~

写真:馳浩衆議院議員

第48回 下村博文文部科学大臣
~2020年成功のカギは「オールジャパン」~

写真:下村博文文部科学大臣

第47回 菅義偉内閣官房長官
 世界へ発信 成熟ニッポンの姿 ~2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて~

写真:菅義偉内閣官房長官

第46回 花岡伸和選手(陸上競技)
 ~2020年へ選手強化の展望~

写真:花岡伸和選手

第45回 櫻井智野風氏
 ~科学が引き出す未知の力~

写真:櫻井智野風氏

第44回 田中晃氏
 ~スポーツ中継 新たなるチャレンジ~

写真:田中晃氏

第43回 久保恒造選手(クロスカントリースキー)
 ~悲願の金メダルを目指して~

写真:久保恒造選手

第42回 宮澤保夫氏
 ~「人を排除せず、認め、仲間をつくる」社会へ~

写真:宮澤保夫氏

第41回 鈴木寛氏
 ~2020 オリンピック・パラリンピック開催地決定!招致活動の現場と今後の展望~

写真:鈴木寛氏

第40回 田口亜希選手
 ~射撃に魅せられて~

写真:田口亜希選手

第39回 京谷和幸氏
 ~バスケットマンからサッカー指導者へ~

写真:京谷和幸氏

第38回 佐藤真海選手(陸上競技)
 ~東京がロンドンから学ぶこと~

写真:佐藤真海選手

第37回 鈴木孝幸選手(水泳)
 ~高まるパラリンピックの存在価値~

写真:鈴木孝幸選手

第36回 小倉和夫氏
 ~東京オリンピック・パラリンピック招致に向けて~

写真:小倉和夫氏

第35回 河野一郎氏
 ~日本のスポーツ振興の歩み~

写真:河野一郎氏

第34回 渡邉幸義氏
 ~スポーツの力でビジネスサポート~

写真:渡邉幸義氏

第33回 小宮正江選手、浦田理恵選手
 ~ゴールボールの世界に迫る~

写真:小宮正江選手写真:浦田理恵選手

第32回 秋山里奈選手(水泳)
 ~8年越しの金メダルへの軌跡~

写真:秋山里奈選手

第31回 ロンドンパラリンピック特別企画
写真:秋山里奈選手、車いすバスケ代表チーム、廣道純選手、国枝慎吾選手

第30回 半谷静香選手、小川直也氏 ~震災がもたらした出会い~
写真:半谷静香選手写真:小川直也氏

第29回 岩佐義明氏
 ~世界ベスト4へ"ハヤテジャパン"~

写真:岩佐義明氏

第28回 石井重行氏
 ~"異端児"から"世界トップメーカー"へ~

写真:石井重行氏

第27回 廣道純選手(陸上競技)
 ~日本人初のプロ車椅子ランナー~

写真:廣道純選手

第26回 寺西真人氏(水泳)
 ~知られざるタッピング技術と重要性~

写真:寺西真人氏

第25回 中北浩仁氏(アイススレッジホッケー)
 ~金メダルへの挑戦~

写真:中北浩仁氏

第24回 宮澤保夫氏
 ~排除のないスポーツ立国へ~

写真:宮澤保夫氏

第23回 丸山弘道氏
 ~車いすテニス・コーチングの奥義~

写真:丸山弘道氏

第22回 乙武洋匡氏
 ~未来を担う子どもたちへ~

写真:乙武洋匡氏

第21回 土田和歌子選手(陸上競技)
 ~進化し続けるパラリンピアン~

写真:土田和歌子選手

第20回 石井宏幸選手(ブラインドサッカー)
 ~サッカーに魅せられて~

写真:石井宏幸選手

第19回 臼井二美男氏
 ~義肢装具士が語るスポーツのススメ~

写真:臼井二美男氏

第18回 成田真由美選手
 ~酸いも甘いも味わった水泳人生~

写真:成田真由美選手

第17回 及川晋平選手(車椅子バスケットボール)
 ~"バスケバカ"の人生~

写真:及川晋平選手

第16回 中西麻耶選手(陸上競技)
 ~注目!世界の頂に最も近い日本人ジャンパー~

写真:中西麻耶選手

第15回 根木慎志選手
 ~車椅子バスケットボールと共に~

写真:根木慎志選手

第14回 中村太郎氏
 ~障害者スポーツの未来を語る~

写真:中村太郎氏

第13回 国枝慎吾選手(車いすテニス)
 ~世界のトップであり続けるために~

写真:国枝慎吾選手

第12回 三浦卓広氏
 ~新しい企業スポーツモデル~

写真:三浦卓広氏

第11回 大日方邦子選手(アルペンスキー)
 ~日本スポーツの未来のために~

写真:大日方邦子さん

第10回 田中晃氏
 ~スカパーの挑戦~

写真:田中晃氏

第9回 真野嘉久氏
 ~世界を目指せ! シッティングバレーボール~

写真:真野嘉久氏

第8回 笠井謙一氏
 ~東京都「スポーツ振興局」の試み~

写真:笠井謙一氏

第7回 河合純一氏(水泳)
 ~障害者スポーツの未来を考える~

写真:河合純一氏

第6回 狩野亮選手、マルハン韓裕社長~障害者スポーツと企業のかかわり~
写真:狩野亮選手写真:マルハン韓裕社長

第5回 中森邦男氏
 ~日本障害者スポーツの実相~

写真:中森邦男氏

第4回 森喜朗元首相
 ~国民誰にもスポーツする権利がある~

写真:森喜朗元首相

第3回 京谷和幸選手
 ~車椅子バスケの伝道師~

写真:京谷和幸選手

第2回 遠藤隆行選手
 ~氷上の格闘技に魅せられて~

写真:遠藤隆行選手

第1回 新田佳浩選手、荒井秀樹監督 ~パラリンピックへの熱き思い~
写真:新田佳浩選手写真:荒井秀樹監督


  • 清水建設株式会社
  • LIXIL×SPORTS
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト