二宮清純の視点

二宮清純が探る新たなるスポーツの地平線

第1回 競技大会としての発展と課題

~日本障害者スポーツの実相~(1/5)
学生時代から障害者スポーツに関わってきた中森氏
 今年3月に開催されたバンクーバーパラリンピックでは史上最多の11個のメダルを獲得した。しかし、メダルを獲得した選手の多くは企業に所属しており、国レベルでの支援はまだ十分とはいえないことなど、まだ課題は多い。そこで、バンクーバー大会では日本選手団団長を務め、長年障害者スポーツ界発展のために奔走してきた日本障害者スポーツ協会の指導部・企画情報部部長および日本パラリンピック委員会(JPC)事務局長・中森邦男氏に、障害者スポーツのあるべき姿について訊いた。

二宮: 国内では障害者スポーツはどのような歴史を辿ってきたのでしょうか?

中森: 1965年から厚生省(現・厚生労働省)が主催する全国身体障害者スポーツ大会、92年から全国知的障害者スポーツ大会(ゆうあいピック)が開催されてきました。しかしこれらは競技性を求めるものではなく、あくまでも障害者の社会参加の推進が目的とされたため、当初の全国身体障害者スポーツ大会は、一度出場した選手は2度目の参加が認められませんでした。現在これらは統合されて全国障害者スポーツ大会として国民体育大会の後、同じ会場で開催されています。
 これらの大会の他、競技として行なわれていたのは各競技団体が主催する日本選手権でした。私が関わった水泳の場合は、81年に第1回が開催されています。私は76年、大阪市身体障害者スポーツセンター(現・大阪市長居障害者スポーツセンター)にスポーツ指導者として就職しました。その後、選手たちが毎年参加できる水泳大会をつくろうという話が持ち上がり、水泳クラブの人たちと一緒になって、水泳大会を開催しました。そして、5年後に大会参加者の地域の代表者により日本身体障害者水泳連盟をつくって、第1回目の日本選手権を開催しました。
 現在、水泳、陸上競技、アーチェリー、アルペンスキー、クロスカントリースキー、アイススレッジホッケーでは、JPCと各競技団体の共催によって日本最高峰の大会であるジャパンパラリンピック競技大会が行われています。

二宮: 障害者スポーツの特徴として、細かくクラス分けがなされています。その基準は世界と国内では統一されているのでしょうか?

中森: 全国身体障害者スポーツ大会は、日本政府が発行している身体障害者手帳に記載されている内容を基準にクラス分けが行われていました。現在各競技団体が実施する日本選手権大会やジャパンパラリンピックでは、国際のクラス分けが実施されています。国際のクラス分けが現在の形になったのは、国際パラリンピック委員会(IPC)が設立された89年以降、つまり92年のバルセロナ大会からになります。

勝敗のカギを握るクラス分け

二宮: 88年のソウルまではどんな分け方をされていたのですか?

中森: 全競技が単純に医学的な根拠で分けられていました。例えば前腕切断の選手は同じ前腕切断の選手とのみ競っていればよかった。ところがIPCは同じ障害でも競技によって能力の差は異なるという判断を示しました。そこでバルセロナ大会からは競技ごとにクラス分けの基準が設けられるようになりました。いわゆるファンクショナル・クラシフィケーション(機能的クラス分け)。つまり、身体のどの部位にどんな障害があるかで分けるのではなく、水泳なら泳ぎの能力がどれだけあるかを見るようになりました。

二宮: 競泳は現在、どのようにクラス分けをされているのですか?

中森: はじめに各関節の筋力と可動域がチェックされます。次に、水深2m以上の深いプールで、飛び込み、ターン、浮き身、4泳法などの実際の動きがチェックされます。その後も複数のテストを受け、その評価によりクラスが決定されます。未熟な選手は、練習することで上達することもありますので、潜在的な能力も含めて、総合的にクラスが決まることになります。

二宮: 現在、クラスはいくつくらい?

中森: 肢体不自由と視力障害の2つのカテゴリーがあるのですが、肢体不自由の場合は各種目10クラス。平泳ぎのみ9クラスです。視力障害の場合は全種目3つ。弱視は見える度合いによって2つに分かれていて、あとは全盲のクラスとなります。

二宮: スキー競技などでは各選手にハンデ(係数)がつけられていますね。

中森: 夏の競技に比べて冬の競技人口は少ない。スキーで言えば、立位(スタンディング)のカテゴリーで片下肢に障害がある選手は結構いるのですが、両下肢となると少ない。さらに座位(シッティング)のカテゴリーになると、特に女子は少ないですね。
 パラリンピックの規定では1クラスに4カ国6人以上の参加が競技実施の条件となります。片下肢と両下肢に分けてしまうと、参加人数が不足し、競技が実施できなくなります。そういった状況を改善するために、各選手のクラスを競技能力により、実際の滑走タイムにその係数を乗じた記録で競うようにしました。

二宮: クラス分けの基準が変更されることも少なくありません。対応するのも一苦労ですね。

中森: そうなんです。例えばアテネパラリンピックで競泳の成田真由美さんが100メートル自由形で2位の選手を20メートル以上離して優勝しました。一般のスポーツと違って障害者スポーツは競技人口が少ない。たまたま彼女のクラスに競技能力の高い選手がいなかっただけということもありうるわけですが、明らかに能力が違うだろうということで、クラス分けの評価の基準が見直され、その結果、軽いクラスへの変更となりました。北京大会では残念ながら、メダルを獲ることはできませんでした。同じクラスでも、1つ軽いクラスのボーダーラインの選手と1つ重いクラスのボーダーラインの選手とでは、競技能力に雲泥の差が生じることになります。成田選手が軽いクラスに入れば、そのクラスでのトップ選手と差が出てくるのは当然だったと思います。クラス分けの基準は本当に難しいですよ。

(第2回につづく)
バンクーバーでは団長として日本選手団を牽引した。写真は結団式。左から長妻厚生労働大臣、中森氏、新田選手、遠藤選手

<中森邦男(なかもり・くにお)プロフィール>
1953年、大阪府出身。大学卒業後、大阪市長居障害者スポーツセンターに入職し、障害者スポーツ指導員として水泳を教えた。日本障害者水泳連盟の設立に尽力するなど、障害者スポーツの発展に奔走してきた。現在は日本障害者スポーツ協会の指導部・企画情報部部長および日本パラリンピック委員会事務局長を兼任。今年のバンクーバーパラリンピックでは日本選手団団長を務めた。

(構成・斎藤寿子)




二宮 清純(にのみや せいじゅん)

スポーツジャーナリスト。
1960年、愛媛県生まれ。オリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開。テレビのスポーツニュースや報道番組のコメンテーターとしても活動中。主な著書に「スポーツ名勝負物語」(講談社現代新書)、「プロ野球の一流たち」(講談社現代新書)など。障害者スポーツでは矢野繁樹、成田真由美、国枝慎吾などのノンフィクションを執筆している。

[HP] SPORTS COMMUNICATIONS ~二宮清純責任編集~


"挑戦者たち"への取材にあたって

totoバナー

[バックナンバー]

第79回 吉田信一選手
 ~世界で煌めく金髪の卓球王~

写真:吉田信一選手

第78回 伊藤力選手(パラテコンドー)
 ~東京へと踏み出す新たなチカラ~

写真:伊藤力選手

第77回 瀬立モニカ選手(パラカヌー)
 ~2020東京へと続く航路~

写真:瀬立モニカ選手

第76回 齋田悟司選手
 ~挑戦し続ける車いすテニスのレジェンド~

写真:齋田悟司選手

第75回 山田拓朗選手
 ~パラアスリートの真の強化を目指す~

写真:山田拓朗選手

第74回 北沢洋平選手
 ~第一人者が創る電動車椅子サッカーの未来~

写真:北沢洋平選手

第73回 鈴木亜弥子選手(パラバドミントン)
 ~パラリンピック初代女王を目指して~

写真:鈴木亜弥子選手

第72回 髙田裕士・千明選手夫婦(陸上競技)
 ~夫婦で競い、共に目指す世界一への夢~

写真:髙田裕士選手写真:髙田千明選手

第71回 安達阿記子選手(ゴールボール)
 ~連覇に懸けるストライカー~

写真:安達阿記子選手

第70回 西崎哲男選手(パワーリフティング)
 ~夢を掲げるパワーリフター~

写真:西崎哲男選手

第69回 平澤奈古選手(アーチェリー)
 ~目標を見据え、無心で射抜く~

写真:平澤奈古選手

第68回 根木慎志氏
 ~パラスポーツの未来へ 新たな連携と普及への取り組み~

写真:根木慎志氏

第67回 鈴木大地スポーツ庁長官
 ~スポーツ庁初代長官が目指す共生社会~

写真:鈴木大地スポーツ庁長官

第66回 落合啓士選手(ブラインドサッカー)
 ~障がいを超えた絆で夢を追う~

写真:落合啓士選手

第65回 鹿沼由理恵選手(自転車)
 ~冬から夏へ、夢のペダルを漕ぐ~

写真:鹿沼由理恵選手

第64回 馳浩文部科学大臣
 ~オリンピック・パラリンピックは「三位一体」で~

写真:馳浩文部科学大臣

第63回 遠藤利明東京オリンピック・パラリンピック大臣
 ~未来の共生社会につなげる東京パラリンピック~

写真:遠藤利明東京オリンピック・パラリンピック大臣

第62回 廣瀬隆喜選手
 ~日本ボッチャ界を牽引するエース~

写真: 廣瀬隆喜選手

第61回 及川晋平ヘッドコーチ
 ~男子車椅子バスケ、指揮官が描くストーリー~

写真:及川晋平ヘッドコーチ

第60回 眞田卓選手
 ~"現状打破"掲げる車いすテニスプレーヤー~

写真:眞田卓選手

第59回 辻口博啓氏
 ~食とスポーツで明るい未来を~

写真:辻口博啓氏

第58回 高桑早生選手(陸上競技)
 ~義足のスプリンターが駆け抜けるリオ、東京への道~

写真:高桑早生選手

第57回 星野仙一氏
 ~進化のため、勝ちにこだわる~

写真:星野仙一氏

第56回 宮本洋一氏
 ~企業と共につくる東京2020のレガシー~

写真:宮本洋一氏

第55回 木村敬一選手(水泳)
 ~若きリーダーが見据えるパラスポーツの未来~

写真:木村敬一

第54回 橘香織ヘッドコーチ、上村知佳選手(車椅子バスケットボール)
 ~4年前のリベンジ、そして東京へ―~

写真:橘香織ヘッドコーチ写真:上村知佳選手

第53回 川淵三郎氏
 ~障がいの有無を超えたスポーツの力~

写真:川淵三郎氏

第52回 村尾信尚氏
 ~メディアが映し出すパラリンピックとは~

写真:村尾信尚氏

第51回 舛添要一東京都知事
 ~2020年に残したい成熟都市のレガシー~

写真:舛添要一東京都知事

第50回 黒岩祐治神奈川県知事
 超高齢社会を乗り越えるために ~パラリンピアンがもつノウハウ~

写真:黒岩祐治神奈川県知事

第49回 馳浩衆議院議員
 進む強化策 広がる支援の輪 ~2020年に向けて~

写真:馳浩衆議院議員

第48回 下村博文文部科学大臣
~2020年成功のカギは「オールジャパン」~

写真:下村博文文部科学大臣

第47回 菅義偉内閣官房長官
 世界へ発信 成熟ニッポンの姿 ~2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて~

写真:菅義偉内閣官房長官

第46回 花岡伸和選手(陸上競技)
 ~2020年へ選手強化の展望~

写真:花岡伸和選手

第45回 櫻井智野風氏
 ~科学が引き出す未知の力~

写真:櫻井智野風氏

第44回 田中晃氏
 ~スポーツ中継 新たなるチャレンジ~

写真:田中晃氏

第43回 久保恒造選手(クロスカントリースキー)
 ~悲願の金メダルを目指して~

写真:久保恒造選手

第42回 宮澤保夫氏
 ~「人を排除せず、認め、仲間をつくる」社会へ~

写真:宮澤保夫氏

第41回 鈴木寛氏
 ~2020 オリンピック・パラリンピック開催地決定!招致活動の現場と今後の展望~

写真:鈴木寛氏

第40回 田口亜希選手
 ~射撃に魅せられて~

写真:田口亜希選手

第39回 京谷和幸氏
 ~バスケットマンからサッカー指導者へ~

写真:京谷和幸氏

第38回 佐藤真海選手(陸上競技)
 ~東京がロンドンから学ぶこと~

写真:佐藤真海選手

第37回 鈴木孝幸選手(水泳)
 ~高まるパラリンピックの存在価値~

写真:鈴木孝幸選手

第36回 小倉和夫氏
 ~東京オリンピック・パラリンピック招致に向けて~

写真:小倉和夫氏

第35回 河野一郎氏
 ~日本のスポーツ振興の歩み~

写真:河野一郎氏

第34回 渡邉幸義氏
 ~スポーツの力でビジネスサポート~

写真:渡邉幸義氏

第33回 小宮正江選手、浦田理恵選手
 ~ゴールボールの世界に迫る~

写真:小宮正江選手写真:浦田理恵選手

第32回 秋山里奈選手(水泳)
 ~8年越しの金メダルへの軌跡~

写真:秋山里奈選手

第31回 ロンドンパラリンピック特別企画
写真:秋山里奈選手、車いすバスケ代表チーム、廣道純選手、国枝慎吾選手

第30回 半谷静香選手、小川直也氏 ~震災がもたらした出会い~
写真:半谷静香選手写真:小川直也氏

第29回 岩佐義明氏
 ~世界ベスト4へ"ハヤテジャパン"~

写真:岩佐義明氏

第28回 石井重行氏
 ~"異端児"から"世界トップメーカー"へ~

写真:石井重行氏

第27回 廣道純選手(陸上競技)
 ~日本人初のプロ車椅子ランナー~

写真:廣道純選手

第26回 寺西真人氏(水泳)
 ~知られざるタッピング技術と重要性~

写真:寺西真人氏

第25回 中北浩仁氏(アイススレッジホッケー)
 ~金メダルへの挑戦~

写真:中北浩仁氏

第24回 宮澤保夫氏
 ~排除のないスポーツ立国へ~

写真:宮澤保夫氏

第23回 丸山弘道氏
 ~車いすテニス・コーチングの奥義~

写真:丸山弘道氏

第22回 乙武洋匡氏
 ~未来を担う子どもたちへ~

写真:乙武洋匡氏

第21回 土田和歌子選手(陸上競技)
 ~進化し続けるパラリンピアン~

写真:土田和歌子選手

第20回 石井宏幸選手(ブラインドサッカー)
 ~サッカーに魅せられて~

写真:石井宏幸選手

第19回 臼井二美男氏
 ~義肢装具士が語るスポーツのススメ~

写真:臼井二美男氏

第18回 成田真由美選手
 ~酸いも甘いも味わった水泳人生~

写真:成田真由美選手

第17回 及川晋平選手(車椅子バスケットボール)
 ~"バスケバカ"の人生~

写真:及川晋平選手

第16回 中西麻耶選手(陸上競技)
 ~注目!世界の頂に最も近い日本人ジャンパー~

写真:中西麻耶選手

第15回 根木慎志選手
 ~車椅子バスケットボールと共に~

写真:根木慎志選手

第14回 中村太郎氏
 ~障害者スポーツの未来を語る~

写真:中村太郎氏

第13回 国枝慎吾選手(車いすテニス)
 ~世界のトップであり続けるために~

写真:国枝慎吾選手

第12回 三浦卓広氏
 ~新しい企業スポーツモデル~

写真:三浦卓広氏

第11回 大日方邦子選手(アルペンスキー)
 ~日本スポーツの未来のために~

写真:大日方邦子さん

第10回 田中晃氏
 ~スカパーの挑戦~

写真:田中晃氏

第9回 真野嘉久氏
 ~世界を目指せ! シッティングバレーボール~

写真:真野嘉久氏

第8回 笠井謙一氏
 ~東京都「スポーツ振興局」の試み~

写真:笠井謙一氏

第7回 河合純一氏(水泳)
 ~障害者スポーツの未来を考える~

写真:河合純一氏

第6回 狩野亮選手、マルハン韓裕社長~障害者スポーツと企業のかかわり~
写真:狩野亮選手写真:マルハン韓裕社長

第5回 中森邦男氏
 ~日本障害者スポーツの実相~

写真:中森邦男氏

第4回 森喜朗元首相
 ~国民誰にもスポーツする権利がある~

写真:森喜朗元首相

第3回 京谷和幸選手
 ~車椅子バスケの伝道師~

写真:京谷和幸選手

第2回 遠藤隆行選手
 ~氷上の格闘技に魅せられて~

写真:遠藤隆行選手

第1回 新田佳浩選手、荒井秀樹監督 ~パラリンピックへの熱き思い~
写真:新田佳浩選手写真:荒井秀樹監督


  • 清水建設株式会社
  • LIXIL×SPORTS
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト