二宮清純の視点

二宮清純が探る新たなるスポーツの地平線

第1回 パラリンピックのエリート化の意義と課題

挑戦者たち1周年特別企画
~障害者スポーツの未来を語る~(1/4)

写真:「『太陽の家』では障害者が地域に溶け込んでいる」と中村太郎理事長。父・裕氏の理念がしっかりと継承されている

 東京オリンピックの約1カ月後の1964年11月3日、国内で初めてパラリンピックが開催された。それは日本の障害者スポーツの第一歩を踏み出した瞬間だった。日本で最初にパラリンピックの必要性を唱え、強いリーダーシップで実現にこぎつけたのが日本選手団の団長を務めた故・中村裕氏だ。1951年、英国のストーク・マンデビル病院に留学した中村氏は障害者スポーツの創始者・ルードヴィッヒ・グットマン博士と出会い、障害者スポーツの存在を知った。帰国後、障害者スポーツを推進するとともに、障害者の自立を図るために65年、身体障害者授産施設「太陽の家」を創設。企業と提携して共同出資会社をつくり、障害者に雇用の場を提供するとともに障害者スポーツの普及にも力を注いだ。その中村氏の理念を継承し、現在、「太陽の家」の理事長として障害者の自立支援に尽力しているのが中村太郎氏だ。今回は二宮清純が「太陽の家」を訪れ、中村理事長と障害者スポーツの現状と将来について熱く語り合った。なお、司会はNPO法人STANDの伊藤数子副代表が務めた。


伊藤: 今回は「挑戦者たち」開設1周年記念企画として社会福祉法人「太陽の家」の理事長・中村太郎氏をゲストにお招きしました。障害者スポーツについて、いろいろとご意見を伺いたいと思います。現在、一般スポーツと障害者スポーツを併合し、「スポーツ省」「スポーツ庁」の創設への声は増すばかりです。文部科学省が策定を目指している「スポーツ立国戦略」の中にも障害者スポーツが含まれており、障害者スポーツの変革期を迎えていると言っても過言ではありません。その背景にはパラリンピックのエリート化が挙げられます。来年にはロンドン大会が開催されますが、中村理事長はパラリンピックについてどんな考えをもたれていますか?

中村: パラリンピックにおける障害者スポーツは、日本でもすっかりエリートスポーツとして認識されるようになってきたなと感じています。課題はあるにしろ、やはり障害者スポーツの最高峰の大会としてエリート化が進むのは非常にいいことだと思いますよ。

伊藤: 中村理事長自身、シドニー大会とアテネ大会ではチームドクターとして日本選手団に帯同されました。

中村: 私は大学卒業後、1984年から車椅子マラソンに関わっていますが、最初はやはり障害者スポーツに対してリハビリという意識の方がどうしても強かったんです。しかし、シドニーパラリンピックで選手団に帯同した際に世界のトップ選手を目の当たりにして、初めて障害者にもエリートスポーツというものがあることを理解することができました。

写真:中村理事長の話に深くうなづく二宮清純二宮: 日本でパラリンピックが初めて開催されたのは64年の東京大会でした。この時、先導役となったのが先代の中村裕先生です。つまり中村先生は日本において"パラリンピックの父"ということになりますね。

中村: その頃、日本では医者が障害者スポーツのリーダー役を担っていたようですね。東京パラリンピックでは選手団といっても、父が勤めていた病院の患者さんたちで構成されていたというのが実情なんです。

二宮: そもそも当時、日本でスポーツをしている障害者はほとんどいなかったのではないでしょうか。

中村: はい、そうなんです。父は英国から帰国してから、日本にも障害者スポーツを普及させようとしたのですが、なかなか思うようにはいかなかったようです。それでメディアに注目してもらおうと、東京オリンピックの後にパラリンピックを開催しようとしたんです。二宮さんが言われたように、スポーツをやっている障害者は皆無でしたから、自分の患者さんたちを集めてやったんですね。その後も80年代くらいまでは、障害者スポーツはリハビリの一環としてしか見られていなかった。そのために競技にもよるとは思いますが、医者がリーダー的存在となって、大会の運営から選手の選考までやっていたんです。それが段々と普及していき、今では医者の役割といえば、ドーピング検査くらいのものですよ。

クラス統合による弊害

写真:司会進行役のNPO法人STANDの伊藤数子副代表伊藤: 2008年の北京パラリンピックでは「超エリートスポーツ」という言葉も出てきました。それほどパラリンピック、ひいては障害者スポーツが世界で認められてきたということではないでしょうか。

中村: その通りだと思いますね。私は基本的にエリートスポーツ化には賛成ですが、一方で課題もあると思っています。エリートスポーツ化が進む中で、現在は頻繁にクラスの統合が行なわれています。例えば、車椅子マラソンでは頸髄損傷のような重度の障害をもつ選手のためのクラスが排除されてきています。私も関わっている大分国際車いすマラソンでは、やはり重度障害者にも参加してほしいということで重度のクラスを残していますが、パラリンピックをはじめとした国際大会では失われつつあります。今後はさらに統合化が進むことでしょう。そうなれば、重度障害者の競技スポーツが成り立たなくなってきます。

二宮: クラスが統合されれば、必然的に重度の障害者には不利になります。08年の北京パラリンピックでは競泳の成田真由美選手がそうでした。彼女はそれまでアトランタ、シドニー、アテネと3大会連続出場し、計20個ものメダル(金15、銀3、銅2)を獲得した、まさに"水の女王"でした。ところが、北京では突然のクラス変更で軽度のクラスに入れられてしまい、無冠に終わりました。このように重度の障害者が活躍する場が少なくなるという現実があります。

中村: パラリンピックの一番の趣旨はリハビリではなく、エリートスポーツとしての確立なんですね。その中には重度障害者の競技スポーツも含まれています。とはいえ、エリートスポーツということになると、重度障害の選手の扱いに問題が生じてきているのも事実なんです。例えば、競技によっては重度のクラスには3人しかエントリーしていないこともあります。そうすると、その中で世界一を決めるというのはやはり違うのではないかという意見が出てくる。これまでのパラリンピックではエントリーが極端に少ない場合は、クラスを統合してプレイベントとして行なわれたこともあるんです。

伊藤: IPC(国際パラリンピック委員会)とはまた別に、重度の障害者が活躍できる組織や大会をつくってはいかがでしょうか?

中村: そういう方法もあるとは思いますが、パラリンピックがこれだけ世界最高峰の大会として認められているわけですから、やはりそこで一緒に行なわれる方がいいと思います。それに、重度障害者にもエリートスポーツはあると思うんですね。陸上や競泳では難しいかもしれませんが、例えばボッチャのように重度障害者のためにつくられた競技もある。そういった競技をもっとエリート化していくことで、重度障害者にも活躍の場を提供できるのではないでしょうか。

写真:重度障害者の競技スポーツについて熱い議論が交わされた

(第2回につづく)

<中村太郎(なかむら・たろう)プロフィール>
1960年9月、大分県生まれ。日本の障害者スポーツの創始者・中村裕氏(故人)の長男。川崎医科大学卒業後、大分医科大学整形外科、九州労災病院整形外科を経て、2000年より医療法人社団恵愛会大分中村病院院長を務める。06年、社会福祉法人「太陽の家」理事長、翌年には大分中村病院理事長に就任した。医師の傍ら、障害者スポーツの普及にも尽力し、00年シドニー、04年アテネのパラリンピックでは日本選手団のチームドクターを務めた。


<現地リポート(その1)「太陽の家」>

 日本における"障害者スポーツの父"中村裕氏(故人)が「身障者に保護より働く機会を」「世に身心障害者はあっても仕事に障害はあり得ない」という理念の下、1965年に身体障害者授産施設として大分県別府市に創設した。障害者に働く場を提供するために72年、オムロンとの共同出資会社「オムロン太陽株式会社」を設立。その後も「ソニー・太陽株式会社」(78年)、「ホンダ太陽株式会社」(81年)、「三菱商事太陽株式会社」(83年)、「デンソー太陽株式会社」(84年)、「オムロン京都太陽株式会社」(85年)、「ホンダアールアンドデー太陽株式会社」(92年)、「富士通エフサス太陽株式会社」(95年)と日本を代表する大手企業と提携し、障害者の雇用の場を拡大している。これらの企業では健常者と障害者が共に働き、ソフト開発など幅広く事業展開している。
写真:施設内にある体育館、トレーニング室、プールは地域住民との交流の場ともなっている 施設内には体育館やトレーニング室、プール、浴場などがあり、これらは一般者にも開放している。周辺には障害者が働く銀行、スーパーマーケットなどがあり、入所者は地域の住民との交流を図りながら、積極的に社会参加している。
 また、スポーツへの取り組みも盛んに行なわれている。車椅子バスケットボールチーム「太陽の家スパーズ」は毎年3月に行なわれている「朝日九州車いすバスケットボール選手権大会」では現在6連覇中の強豪で、5月に開催される「日本車椅子バスケットボール選手権大会」(2011年は中止)の常連だ。そのほか、車椅子ツインバスケットボール、インドアサッカー、車いすテニス、ローリングバレーボール、卓球バレー、ボッチャ、陸上競技などが行なわれている。これらは健常者と一緒に楽しむことができ、住民との交流の場ともなっている。
 多くのパラリンピック選手も輩出しており、オムロン太陽に勤める笹原廣喜(北京後に現役引退)は北京大会男子車いすマラソンの銀メダリスト。また、北京でボッチャでは日本人初のパラリンピック出場を果たした木谷隆行は「太陽の家」の制御機器科に所属し、オムロン太陽で作業訓練している。
 別府本部とは別に愛知、京都にも事業本部を設立し、現在は1021人(2011年3月1日現在)の障害者が働き、地域住民とともに暮らしている。

(構成・斎藤寿子)

「二宮清純の視点」に関するご意見・ご感想はこちらまで



二宮 清純(にのみや せいじゅん)

スポーツジャーナリスト。
1960年、愛媛県生まれ。オリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開。テレビのスポーツニュースや報道番組のコメンテーターとしても活動中。主な著書に「スポーツ名勝負物語」(講談社現代新書)、「プロ野球の一流たち」(講談社現代新書)など。障害者スポーツでは矢野繁樹、成田真由美、国枝慎吾などのノンフィクションを執筆している。

[HP] SPORTS COMMUNICATIONS ~二宮清純責任編集~


"挑戦者たち"への取材にあたって

totoバナー

[バックナンバー]

第79回 吉田信一選手
 ~世界で煌めく金髪の卓球王~

写真:吉田信一選手

第78回 伊藤力選手(パラテコンドー)
 ~東京へと踏み出す新たなチカラ~

写真:伊藤力選手

第77回 瀬立モニカ選手(パラカヌー)
 ~2020東京へと続く航路~

写真:瀬立モニカ選手

第76回 齋田悟司選手
 ~挑戦し続ける車いすテニスのレジェンド~

写真:齋田悟司選手

第75回 山田拓朗選手
 ~パラアスリートの真の強化を目指す~

写真:山田拓朗選手

第74回 北沢洋平選手
 ~第一人者が創る電動車椅子サッカーの未来~

写真:北沢洋平選手

第73回 鈴木亜弥子選手(パラバドミントン)
 ~パラリンピック初代女王を目指して~

写真:鈴木亜弥子選手

第72回 髙田裕士・千明選手夫婦(陸上競技)
 ~夫婦で競い、共に目指す世界一への夢~

写真:髙田裕士選手写真:髙田千明選手

第71回 安達阿記子選手(ゴールボール)
 ~連覇に懸けるストライカー~

写真:安達阿記子選手

第70回 西崎哲男選手(パワーリフティング)
 ~夢を掲げるパワーリフター~

写真:西崎哲男選手

第69回 平澤奈古選手(アーチェリー)
 ~目標を見据え、無心で射抜く~

写真:平澤奈古選手

第68回 根木慎志氏
 ~パラスポーツの未来へ 新たな連携と普及への取り組み~

写真:根木慎志氏

第67回 鈴木大地スポーツ庁長官
 ~スポーツ庁初代長官が目指す共生社会~

写真:鈴木大地スポーツ庁長官

第66回 落合啓士選手(ブラインドサッカー)
 ~障がいを超えた絆で夢を追う~

写真:落合啓士選手

第65回 鹿沼由理恵選手(自転車)
 ~冬から夏へ、夢のペダルを漕ぐ~

写真:鹿沼由理恵選手

第64回 馳浩文部科学大臣
 ~オリンピック・パラリンピックは「三位一体」で~

写真:馳浩文部科学大臣

第63回 遠藤利明東京オリンピック・パラリンピック大臣
 ~未来の共生社会につなげる東京パラリンピック~

写真:遠藤利明東京オリンピック・パラリンピック大臣

第62回 廣瀬隆喜選手
 ~日本ボッチャ界を牽引するエース~

写真: 廣瀬隆喜選手

第61回 及川晋平ヘッドコーチ
 ~男子車椅子バスケ、指揮官が描くストーリー~

写真:及川晋平ヘッドコーチ

第60回 眞田卓選手
 ~"現状打破"掲げる車いすテニスプレーヤー~

写真:眞田卓選手

第59回 辻口博啓氏
 ~食とスポーツで明るい未来を~

写真:辻口博啓氏

第58回 高桑早生選手(陸上競技)
 ~義足のスプリンターが駆け抜けるリオ、東京への道~

写真:高桑早生選手

第57回 星野仙一氏
 ~進化のため、勝ちにこだわる~

写真:星野仙一氏

第56回 宮本洋一氏
 ~企業と共につくる東京2020のレガシー~

写真:宮本洋一氏

第55回 木村敬一選手(水泳)
 ~若きリーダーが見据えるパラスポーツの未来~

写真:木村敬一

第54回 橘香織ヘッドコーチ、上村知佳選手(車椅子バスケットボール)
 ~4年前のリベンジ、そして東京へ―~

写真:橘香織ヘッドコーチ写真:上村知佳選手

第53回 川淵三郎氏
 ~障がいの有無を超えたスポーツの力~

写真:川淵三郎氏

第52回 村尾信尚氏
 ~メディアが映し出すパラリンピックとは~

写真:村尾信尚氏

第51回 舛添要一東京都知事
 ~2020年に残したい成熟都市のレガシー~

写真:舛添要一東京都知事

第50回 黒岩祐治神奈川県知事
 超高齢社会を乗り越えるために ~パラリンピアンがもつノウハウ~

写真:黒岩祐治神奈川県知事

第49回 馳浩衆議院議員
 進む強化策 広がる支援の輪 ~2020年に向けて~

写真:馳浩衆議院議員

第48回 下村博文文部科学大臣
~2020年成功のカギは「オールジャパン」~

写真:下村博文文部科学大臣

第47回 菅義偉内閣官房長官
 世界へ発信 成熟ニッポンの姿 ~2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて~

写真:菅義偉内閣官房長官

第46回 花岡伸和選手(陸上競技)
 ~2020年へ選手強化の展望~

写真:花岡伸和選手

第45回 櫻井智野風氏
 ~科学が引き出す未知の力~

写真:櫻井智野風氏

第44回 田中晃氏
 ~スポーツ中継 新たなるチャレンジ~

写真:田中晃氏

第43回 久保恒造選手(クロスカントリースキー)
 ~悲願の金メダルを目指して~

写真:久保恒造選手

第42回 宮澤保夫氏
 ~「人を排除せず、認め、仲間をつくる」社会へ~

写真:宮澤保夫氏

第41回 鈴木寛氏
 ~2020 オリンピック・パラリンピック開催地決定!招致活動の現場と今後の展望~

写真:鈴木寛氏

第40回 田口亜希選手
 ~射撃に魅せられて~

写真:田口亜希選手

第39回 京谷和幸氏
 ~バスケットマンからサッカー指導者へ~

写真:京谷和幸氏

第38回 佐藤真海選手(陸上競技)
 ~東京がロンドンから学ぶこと~

写真:佐藤真海選手

第37回 鈴木孝幸選手(水泳)
 ~高まるパラリンピックの存在価値~

写真:鈴木孝幸選手

第36回 小倉和夫氏
 ~東京オリンピック・パラリンピック招致に向けて~

写真:小倉和夫氏

第35回 河野一郎氏
 ~日本のスポーツ振興の歩み~

写真:河野一郎氏

第34回 渡邉幸義氏
 ~スポーツの力でビジネスサポート~

写真:渡邉幸義氏

第33回 小宮正江選手、浦田理恵選手
 ~ゴールボールの世界に迫る~

写真:小宮正江選手写真:浦田理恵選手

第32回 秋山里奈選手(水泳)
 ~8年越しの金メダルへの軌跡~

写真:秋山里奈選手

第31回 ロンドンパラリンピック特別企画
写真:秋山里奈選手、車いすバスケ代表チーム、廣道純選手、国枝慎吾選手

第30回 半谷静香選手、小川直也氏 ~震災がもたらした出会い~
写真:半谷静香選手写真:小川直也氏

第29回 岩佐義明氏
 ~世界ベスト4へ"ハヤテジャパン"~

写真:岩佐義明氏

第28回 石井重行氏
 ~"異端児"から"世界トップメーカー"へ~

写真:石井重行氏

第27回 廣道純選手(陸上競技)
 ~日本人初のプロ車椅子ランナー~

写真:廣道純選手

第26回 寺西真人氏(水泳)
 ~知られざるタッピング技術と重要性~

写真:寺西真人氏

第25回 中北浩仁氏(アイススレッジホッケー)
 ~金メダルへの挑戦~

写真:中北浩仁氏

第24回 宮澤保夫氏
 ~排除のないスポーツ立国へ~

写真:宮澤保夫氏

第23回 丸山弘道氏
 ~車いすテニス・コーチングの奥義~

写真:丸山弘道氏

第22回 乙武洋匡氏
 ~未来を担う子どもたちへ~

写真:乙武洋匡氏

第21回 土田和歌子選手(陸上競技)
 ~進化し続けるパラリンピアン~

写真:土田和歌子選手

第20回 石井宏幸選手(ブラインドサッカー)
 ~サッカーに魅せられて~

写真:石井宏幸選手

第19回 臼井二美男氏
 ~義肢装具士が語るスポーツのススメ~

写真:臼井二美男氏

第18回 成田真由美選手
 ~酸いも甘いも味わった水泳人生~

写真:成田真由美選手

第17回 及川晋平選手(車椅子バスケットボール)
 ~"バスケバカ"の人生~

写真:及川晋平選手

第16回 中西麻耶選手(陸上競技)
 ~注目!世界の頂に最も近い日本人ジャンパー~

写真:中西麻耶選手

第15回 根木慎志選手
 ~車椅子バスケットボールと共に~

写真:根木慎志選手

第14回 中村太郎氏
 ~障害者スポーツの未来を語る~

写真:中村太郎氏

第13回 国枝慎吾選手(車いすテニス)
 ~世界のトップであり続けるために~

写真:国枝慎吾選手

第12回 三浦卓広氏
 ~新しい企業スポーツモデル~

写真:三浦卓広氏

第11回 大日方邦子選手(アルペンスキー)
 ~日本スポーツの未来のために~

写真:大日方邦子さん

第10回 田中晃氏
 ~スカパーの挑戦~

写真:田中晃氏

第9回 真野嘉久氏
 ~世界を目指せ! シッティングバレーボール~

写真:真野嘉久氏

第8回 笠井謙一氏
 ~東京都「スポーツ振興局」の試み~

写真:笠井謙一氏

第7回 河合純一氏(水泳)
 ~障害者スポーツの未来を考える~

写真:河合純一氏

第6回 狩野亮選手、マルハン韓裕社長~障害者スポーツと企業のかかわり~
写真:狩野亮選手写真:マルハン韓裕社長

第5回 中森邦男氏
 ~日本障害者スポーツの実相~

写真:中森邦男氏

第4回 森喜朗元首相
 ~国民誰にもスポーツする権利がある~

写真:森喜朗元首相

第3回 京谷和幸選手
 ~車椅子バスケの伝道師~

写真:京谷和幸選手

第2回 遠藤隆行選手
 ~氷上の格闘技に魅せられて~

写真:遠藤隆行選手

第1回 新田佳浩選手、荒井秀樹監督 ~パラリンピックへの熱き思い~
写真:新田佳浩選手写真:荒井秀樹監督


  • 清水建設株式会社
  • LIXIL×SPORTS
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト