二宮清純の視点

二宮清純が探る新たなるスポーツの地平線

第1回 サッカーはボールひとつで壁を越えられる

~障がいの有無を超えたスポーツの力~(1/4)

1960年、日本代表として訪れたドイツで初めて障がい者がスポーツをしている姿を目にしたという川淵三郎氏。その時の衝撃は今も鮮明に覚えている 公益財団法人日本サッカー協会(JFA)最高顧問の川淵三郎キャプテンが、初めて障がい者スポーツを目にしたのは、1960年のことだ。サッカー日本代表として訪れたドイツの地で、車椅子に乗った人たちがボールを使って楽しんでいたという。川淵氏は、日本では街中で見ることさえもなかった障がい者がスポーツを楽しんでいることに衝撃を受けた。それから半世紀が経った今、日本は世界で初めて同一都市で2回目のパラリンピック開催を5年後に控えている。果たして川淵氏の目には今、日本の障がい者スポーツがどのように映っているのだろうか。そして、2020年東京パラリンピックを成功に導くために必要なものとは――。


伊藤: 今回のゲストは、川淵三郎キャプテンです。川淵さんは、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会評議員も務めていらっしゃいます。

発足当初から障がい者にもオープンなスタジアムづくりを進めてきたJリーグは、他競技のリード役となってきたと二宮清純は語る二宮: 2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、だいぶ機運が高まってきたと感じています。ただ、オリンピックと比べると、パラリンピックはまだまだかなという印象を受けますが、川淵さんはいかがでしょうか。

川淵: それでも、前回の時とはずいぶんと違うと思いますよ。私は50年前の1964年東京オリンピックに、サッカー日本代表として出場しました。実はその1カ月後に、東京パラリンピックが開催されていたというのは後から知ったことなんです。当時はまったく知らなかった。ところが今は、「オリンピック・パラリンピック」という名称で呼ばれるなど、オリンピックとパラリンピックをセットにして考えることが当然となっています。そういう意味では、50年前と今とでは、パラリンピックの認知度は天と地ほどの差があると思います。

伊藤: 日本財団パラリンピック研究会が発表した「国内外一般社会でのパラリンピックに関する認知と関心」の調査結果報告によると、今では98.2%の国民がパラリンピックの存在を知っています。

川淵: 2012年ロンドンパラリンピックが大成功を収めたことも、日本人のパラリンピックへの意識を高めている大きな要素になっていると思いますね。2020年は、さらに盛り上げていこうと、パラリンピックや障がい者スポーツへの理解や関心が広がっているなと感じています。

障がい者スポーツでは多種多様なルールのサッカーが存在する。「それだけでサッカーの人気の高さが窺い知れる」と伊藤数子編集長伊藤: 障がい者スポーツには、実はサッカーは何種類もあります。パラリンピックで行われているのは、日本で「ブラインドサッカー」と呼ばれている視覚障がい者の「5人制サッカー」と、脳性まひの選手が行う「7人制サッカー」の2つ。そのほかにも、手や足を切断した選手の「アンプティサッカー」、重度障がい者の「電動車椅子サッカー」、「知的障がい者サッカー」、聴覚障がい者の「ろう者サッカー」があり、それぞれW杯など世界規模の大会が行われています。これだけたくさんの種類のサッカーが存在するということは、それだけサッカーをしたいという人が多いということの表れではないでしょうか。

川淵: 嬉しいですよね。以前はすべて任意団体で、現在もまだJFAがサポートするポジションにはないのですが、将来的にはサッカーという同じ枠の中で、一緒に活動していきたいなと思っています。


【「する」「見る」「支える」を重視】

二宮: サッカーは「する」ことだけでなく、「見る」人にもオープンですよね。サッカーのスタジアムには必ず車椅子シートがあったり、バリアフリーになっていて車椅子でも移動しやすい構造になっているところがほとんどです。

川淵: Jリーグを発足する際、僕らは世界のスタジアムを視察に行っているんです。そこで車椅子の人たちが見る場所があったり、重度障がい者がピッチに近いところで見られるようになっていたり、というのを見ていましたから、発足当時からスタジアムには必ず車椅子で観戦できる場所を設けるという規定を盛り込んでいました。

二宮: Jリーグがスタートしたのが1993年。ソフト、ハードともにバリアフリーの面では他の競技をリードしています。

川淵: 私自身、障がい者に対して考えさせられたことがありました。確か東北地方に住んでいる方だったと記憶していますが、目で見ることも、耳で聞くことも、話すことも難しい重い障害を抱えている方が、千葉のスタジアムに来たことがあったんです。付き添いの方が手を握って、感動を伝えたという話を聞いて、「なるほど、そうやって楽しむことができるんだな」と思いました。その時のことは、今でも印象深く残っています。「見られないから」「聞こえないから」といって、「スポーツを楽しむことは難しいのでは?」と我々が思い込むのは大きな間違いだということに気づかされました。

二宮: Jリーグでは発足時から、年齢や性別、そして障がいの有無に関係なく、みんなが楽しめる環境づくりを目指してきました。

150108_4.jpg伊藤: Jリーグは「日本電動車椅子サッカー選手権大会」を後援していたり、各チームで大会を主催、あるいは電動車椅子サッカーや知的障がい者サッカーのチームと提携を結ぶなど、障がい者サッカーを支えています。

川淵: 知的障がい者のサッカーチームでは、雨が降って「練習中止」となると、選手がみんな「何でやらないんだ? 練習させてくれ!」と懇願してくるそうなんです。サッカーをすることは彼らにとって大きなプラスになっているんだと思いますね。

二宮: サッカーは、ボールひとつで国境も民族の壁も越えられるスポーツです。もちろん、健常者と障がい者の壁までをも越えてしまう力を持っています。そこにサッカーというスポーツの魅力を感じますね。


(第2回につづく)


<川淵三郎(かわぶち・さぶろう)>
1936年12月3日、大阪府生まれ。早稲田大、古河電工で活躍。1964年東京オリンピックにサッカー日本代表として出場した。現役引退後、古河電工サッカー部監督、日本代表監督を歴任。88年、日本サッカーリーグの総務主事に就き、サッカーのプロ化をけん引。91年、Jリーグ初代チェアマンに就任。2002年W杯招致にも尽力した。日本サッカー協会会長などを経て、現在は同最高顧問を務める。2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会評議員、公立大学法人首都大学東京理事長。08年、日本サッカー殿堂入り。2009年、旭日重光章受章。


(構成・斎藤寿子)


「二宮清純の視点」に関するご意見・ご感想はこちらまで




二宮 清純(にのみや せいじゅん)

スポーツジャーナリスト。
1960年、愛媛県生まれ。オリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開。テレビのスポーツニュースや報道番組のコメンテーターとしても活動中。主な著書に「スポーツ名勝負物語」(講談社現代新書)、「プロ野球の一流たち」(講談社現代新書)など。障害者スポーツでは矢野繁樹、成田真由美、国枝慎吾などのノンフィクションを執筆している。

[HP] SPORTS COMMUNICATIONS ~二宮清純責任編集~


"挑戦者たち"への取材にあたって

totoバナー

[バックナンバー]

第79回 吉田信一選手
 ~世界で煌めく金髪の卓球王~

写真:吉田信一選手

第78回 伊藤力選手(パラテコンドー)
 ~東京へと踏み出す新たなチカラ~

写真:伊藤力選手

第77回 瀬立モニカ選手(パラカヌー)
 ~2020東京へと続く航路~

写真:瀬立モニカ選手

第76回 齋田悟司選手
 ~挑戦し続ける車いすテニスのレジェンド~

写真:齋田悟司選手

第75回 山田拓朗選手
 ~パラアスリートの真の強化を目指す~

写真:山田拓朗選手

第74回 北沢洋平選手
 ~第一人者が創る電動車椅子サッカーの未来~

写真:北沢洋平選手

第73回 鈴木亜弥子選手(パラバドミントン)
 ~パラリンピック初代女王を目指して~

写真:鈴木亜弥子選手

第72回 髙田裕士・千明選手夫婦(陸上競技)
 ~夫婦で競い、共に目指す世界一への夢~

写真:髙田裕士選手写真:髙田千明選手

第71回 安達阿記子選手(ゴールボール)
 ~連覇に懸けるストライカー~

写真:安達阿記子選手

第70回 西崎哲男選手(パワーリフティング)
 ~夢を掲げるパワーリフター~

写真:西崎哲男選手

第69回 平澤奈古選手(アーチェリー)
 ~目標を見据え、無心で射抜く~

写真:平澤奈古選手

第68回 根木慎志氏
 ~パラスポーツの未来へ 新たな連携と普及への取り組み~

写真:根木慎志氏

第67回 鈴木大地スポーツ庁長官
 ~スポーツ庁初代長官が目指す共生社会~

写真:鈴木大地スポーツ庁長官

第66回 落合啓士選手(ブラインドサッカー)
 ~障がいを超えた絆で夢を追う~

写真:落合啓士選手

第65回 鹿沼由理恵選手(自転車)
 ~冬から夏へ、夢のペダルを漕ぐ~

写真:鹿沼由理恵選手

第64回 馳浩文部科学大臣
 ~オリンピック・パラリンピックは「三位一体」で~

写真:馳浩文部科学大臣

第63回 遠藤利明東京オリンピック・パラリンピック大臣
 ~未来の共生社会につなげる東京パラリンピック~

写真:遠藤利明東京オリンピック・パラリンピック大臣

第62回 廣瀬隆喜選手
 ~日本ボッチャ界を牽引するエース~

写真: 廣瀬隆喜選手

第61回 及川晋平ヘッドコーチ
 ~男子車椅子バスケ、指揮官が描くストーリー~

写真:及川晋平ヘッドコーチ

第60回 眞田卓選手
 ~"現状打破"掲げる車いすテニスプレーヤー~

写真:眞田卓選手

第59回 辻口博啓氏
 ~食とスポーツで明るい未来を~

写真:辻口博啓氏

第58回 高桑早生選手(陸上競技)
 ~義足のスプリンターが駆け抜けるリオ、東京への道~

写真:高桑早生選手

第57回 星野仙一氏
 ~進化のため、勝ちにこだわる~

写真:星野仙一氏

第56回 宮本洋一氏
 ~企業と共につくる東京2020のレガシー~

写真:宮本洋一氏

第55回 木村敬一選手(水泳)
 ~若きリーダーが見据えるパラスポーツの未来~

写真:木村敬一

第54回 橘香織ヘッドコーチ、上村知佳選手(車椅子バスケットボール)
 ~4年前のリベンジ、そして東京へ―~

写真:橘香織ヘッドコーチ写真:上村知佳選手

第53回 川淵三郎氏
 ~障がいの有無を超えたスポーツの力~

写真:川淵三郎氏

第52回 村尾信尚氏
 ~メディアが映し出すパラリンピックとは~

写真:村尾信尚氏

第51回 舛添要一東京都知事
 ~2020年に残したい成熟都市のレガシー~

写真:舛添要一東京都知事

第50回 黒岩祐治神奈川県知事
 超高齢社会を乗り越えるために ~パラリンピアンがもつノウハウ~

写真:黒岩祐治神奈川県知事

第49回 馳浩衆議院議員
 進む強化策 広がる支援の輪 ~2020年に向けて~

写真:馳浩衆議院議員

第48回 下村博文文部科学大臣
~2020年成功のカギは「オールジャパン」~

写真:下村博文文部科学大臣

第47回 菅義偉内閣官房長官
 世界へ発信 成熟ニッポンの姿 ~2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて~

写真:菅義偉内閣官房長官

第46回 花岡伸和選手(陸上競技)
 ~2020年へ選手強化の展望~

写真:花岡伸和選手

第45回 櫻井智野風氏
 ~科学が引き出す未知の力~

写真:櫻井智野風氏

第44回 田中晃氏
 ~スポーツ中継 新たなるチャレンジ~

写真:田中晃氏

第43回 久保恒造選手(クロスカントリースキー)
 ~悲願の金メダルを目指して~

写真:久保恒造選手

第42回 宮澤保夫氏
 ~「人を排除せず、認め、仲間をつくる」社会へ~

写真:宮澤保夫氏

第41回 鈴木寛氏
 ~2020 オリンピック・パラリンピック開催地決定!招致活動の現場と今後の展望~

写真:鈴木寛氏

第40回 田口亜希選手
 ~射撃に魅せられて~

写真:田口亜希選手

第39回 京谷和幸氏
 ~バスケットマンからサッカー指導者へ~

写真:京谷和幸氏

第38回 佐藤真海選手(陸上競技)
 ~東京がロンドンから学ぶこと~

写真:佐藤真海選手

第37回 鈴木孝幸選手(水泳)
 ~高まるパラリンピックの存在価値~

写真:鈴木孝幸選手

第36回 小倉和夫氏
 ~東京オリンピック・パラリンピック招致に向けて~

写真:小倉和夫氏

第35回 河野一郎氏
 ~日本のスポーツ振興の歩み~

写真:河野一郎氏

第34回 渡邉幸義氏
 ~スポーツの力でビジネスサポート~

写真:渡邉幸義氏

第33回 小宮正江選手、浦田理恵選手
 ~ゴールボールの世界に迫る~

写真:小宮正江選手写真:浦田理恵選手

第32回 秋山里奈選手(水泳)
 ~8年越しの金メダルへの軌跡~

写真:秋山里奈選手

第31回 ロンドンパラリンピック特別企画
写真:秋山里奈選手、車いすバスケ代表チーム、廣道純選手、国枝慎吾選手

第30回 半谷静香選手、小川直也氏 ~震災がもたらした出会い~
写真:半谷静香選手写真:小川直也氏

第29回 岩佐義明氏
 ~世界ベスト4へ"ハヤテジャパン"~

写真:岩佐義明氏

第28回 石井重行氏
 ~"異端児"から"世界トップメーカー"へ~

写真:石井重行氏

第27回 廣道純選手(陸上競技)
 ~日本人初のプロ車椅子ランナー~

写真:廣道純選手

第26回 寺西真人氏(水泳)
 ~知られざるタッピング技術と重要性~

写真:寺西真人氏

第25回 中北浩仁氏(アイススレッジホッケー)
 ~金メダルへの挑戦~

写真:中北浩仁氏

第24回 宮澤保夫氏
 ~排除のないスポーツ立国へ~

写真:宮澤保夫氏

第23回 丸山弘道氏
 ~車いすテニス・コーチングの奥義~

写真:丸山弘道氏

第22回 乙武洋匡氏
 ~未来を担う子どもたちへ~

写真:乙武洋匡氏

第21回 土田和歌子選手(陸上競技)
 ~進化し続けるパラリンピアン~

写真:土田和歌子選手

第20回 石井宏幸選手(ブラインドサッカー)
 ~サッカーに魅せられて~

写真:石井宏幸選手

第19回 臼井二美男氏
 ~義肢装具士が語るスポーツのススメ~

写真:臼井二美男氏

第18回 成田真由美選手
 ~酸いも甘いも味わった水泳人生~

写真:成田真由美選手

第17回 及川晋平選手(車椅子バスケットボール)
 ~"バスケバカ"の人生~

写真:及川晋平選手

第16回 中西麻耶選手(陸上競技)
 ~注目!世界の頂に最も近い日本人ジャンパー~

写真:中西麻耶選手

第15回 根木慎志選手
 ~車椅子バスケットボールと共に~

写真:根木慎志選手

第14回 中村太郎氏
 ~障害者スポーツの未来を語る~

写真:中村太郎氏

第13回 国枝慎吾選手(車いすテニス)
 ~世界のトップであり続けるために~

写真:国枝慎吾選手

第12回 三浦卓広氏
 ~新しい企業スポーツモデル~

写真:三浦卓広氏

第11回 大日方邦子選手(アルペンスキー)
 ~日本スポーツの未来のために~

写真:大日方邦子さん

第10回 田中晃氏
 ~スカパーの挑戦~

写真:田中晃氏

第9回 真野嘉久氏
 ~世界を目指せ! シッティングバレーボール~

写真:真野嘉久氏

第8回 笠井謙一氏
 ~東京都「スポーツ振興局」の試み~

写真:笠井謙一氏

第7回 河合純一氏(水泳)
 ~障害者スポーツの未来を考える~

写真:河合純一氏

第6回 狩野亮選手、マルハン韓裕社長~障害者スポーツと企業のかかわり~
写真:狩野亮選手写真:マルハン韓裕社長

第5回 中森邦男氏
 ~日本障害者スポーツの実相~

写真:中森邦男氏

第4回 森喜朗元首相
 ~国民誰にもスポーツする権利がある~

写真:森喜朗元首相

第3回 京谷和幸選手
 ~車椅子バスケの伝道師~

写真:京谷和幸選手

第2回 遠藤隆行選手
 ~氷上の格闘技に魅せられて~

写真:遠藤隆行選手

第1回 新田佳浩選手、荒井秀樹監督 ~パラリンピックへの熱き思い~
写真:新田佳浩選手写真:荒井秀樹監督


  • 清水建設株式会社
  • LIXIL×SPORTS
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト