編集長コラム

障害者スポーツのおもしろさを求め、現場へ

第67回 障がいは、「人」にあるのではなく「社会」にある。

車椅子バスケットボールを体験する小学生たち 大型連休を間近に控えた4月20日、車椅子バスケットボールの交流イベントが東京都内の小学校で行われました。
 2020年の東京パラリンピック開催が決まって以来、車椅子バスケットボールだけでなく多くのパラスポーツの体験や交流イベントが実施されています。

 イベント名は「内閣総理大臣杯争奪第44回日本車椅子バスケットボール選手権大会応援プロジェクト障がい者アスリート交流キャラバン」。5月3~5日に東京体育館で行われる「日本車椅子バスケットボール選手権」を目前に控えた選手たちとのふれあいを通じて、広く競技を知ってもらうことが目的です。
 会場となった小学校の体育館には、1年生から6年生まで94名が勢揃い。選手達の登場を「まだかな」と待ちわびていました。

 交流キャラバンには、シドニーパラリンピック車椅子バスケットボール元日本代表キャプテンの根木慎志さん、車椅子バスケットボールチーム「NO EXCUSE」から大嶋義昭選手、湯浅剛選手、村上慶太選手、池田貴啓選手の合計5名が参加しました。
 根木さんたちが車いすで体育館に入ってくると「おお、かっこいい!」と声が上がります。「車椅子バスケットボールってなんだろう」とわくわくしている子ども達を前に、まずは選手達がパフォーマンスを披露しました。2対2でのミニゲームでは、自在に車いすを操ってパスを回してシュート! 子ども達は自然に応援の声を上げていました。

このつづきは >>二宮清純責任編集「SPORTS COMMUNICATIONS」サイトでお楽しみください!




伊藤 数子(いとう かずこ)

挑戦者たち編集長
/NPO法人STAND代表理事

新潟県生まれ。1991年に車いす陸上を観戦したことがきっかけとなり、障害者スポーツの振興に携わるようになる。未来に向けて次代の選手・ファンを拡げていくために、障害者スポーツのスポーツとしてのおもしろさを伝えるウェブサイト「挑戦者たち」、障害者スポーツ競技大会のインターネットライブ中継「モバチュウ」、障害者スポーツ体験会などの事業を企業・団体と協働で展開している。2012年ロンドンパラリンピックでは日本選手たちの挑戦を伝えるウェブサイト「The Road to London」を開幕1年前に開設した。著書に「ようこそ、障害者スポーツへ -パラリンピックを目指すアスリートたち-」(廣済堂出版)など。

ロンドン2012パラリンピック 日本選手たちの挑戦 「The Road to London」

フェイスブック

ツイッター

  • 清水建設株式会社
  • LIXIL×SPORTS
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト