編集長コラム

障害者スポーツのおもしろさを求め、現場へ

第10回 義足ランナー・オスカーよ、世界の舞台を駆け抜けろ!

 今月19日、イタリアから嬉しいニュースが飛び込んできました。パラリンピックで4個の金メダルを獲得した両足義足ランナー、オスカー・ピストリウス(南アフリカ)が世界陸上選手権の出場資格を得たというものです。イタリアで行なわれた陸上大会に出場したオスカーは、男子400メートルで自己記録を0秒54上回る45秒07をマーク。見事、参加標準記録を突破しました。今後、南アフリカ代表に入れば、8月27日から韓国・大邱で開催される世界選手権に出場することができます。実現すれば、世界のスポーツの歴史が変わる、それくらい大きな出来事です。

 オスカーは2008年の北京オリンピックの出場を目指し、07年に国際陸上連盟に出場資格を求めましたが、国際陸連は義足が「競技力向上を手助けする人工措置」を禁じる規定に抵触するとして認めませんでした。しかしその後、スポーツ仲裁裁判所の裁定により、北京オリンピック出場が可能とされたのです。残念ながらオスカーは参加標準記録を突破できず、北京への出場は実現しなかったのですが、それでも「義足ランナーがオリンピックに出場する資格がある」と認められたのですから、まさに時代が動いたと言っても過言ではないでしょう。そのオスカーが再びオリンピックへの道を切り拓こうとしているのです。

 とはいえ、オスカーがオリンピックに出場することには賛否両論あります。その主たる理由は2つ。まず、競技用義足はカーボンでつくられており、反発力を受けていること。もうひとつは、義足であるために疲労の原因となる乳酸がたまらず、持久力という点で有利であるということです。短距離の中で最も過酷だと言われる400メートルであれば、なおさらその有利性は高い。国際陸連が義足ランナーの出場を認めなかったのは、こうした理由からなのです。

このつづきは >>二宮清純責任編集「SPORTS COMMUNICATIONS」サイトでお楽しみください!




伊藤 数子(いとう かずこ)

挑戦者たち編集長
/NPO法人STAND代表理事

新潟県生まれ。1991年に車いす陸上を観戦したことがきっかけとなり、障害者スポーツの振興に携わるようになる。未来に向けて次代の選手・ファンを拡げていくために、障害者スポーツのスポーツとしてのおもしろさを伝えるウェブサイト「挑戦者たち」、障害者スポーツ競技大会のインターネットライブ中継「モバチュウ」、障害者スポーツ体験会などの事業を企業・団体と協働で展開している。2012年ロンドンパラリンピックでは日本選手たちの挑戦を伝えるウェブサイト「The Road to London」を開幕1年前に開設した。著書に「ようこそ、障害者スポーツへ -パラリンピックを目指すアスリートたち-」(廣済堂出版)など。

ロンドン2012パラリンピック 日本選手たちの挑戦 「The Road to London」

フェイスブック

ツイッター

  • 清水建設株式会社
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト