編集長コラム

障害者スポーツのおもしろさを求め、現場へ

第103回 すごいぞ! "ゆるゆる"渋谷運動会!!

写真:國學院大學の応援団の皆さま 今回は予告どおり3月3日に開催された「渋谷運動会」のことを取り上げます。渋谷運動会の始まりや詳細については、以前、<わからないから面白い! 渋谷「パラ草の会」>で書きました。運動会の開催場所は渋谷区広尾の広尾高校体育館。4チームに分かれて戦い、対戦競技はボッチャと気づきのリレーの2つでした。当日は240人の参加者とボランティアのようなお手伝いの人たちが30人、合計270人が集まりました。さらには國學院大學の応援団も駆けつけてくれて、大変な盛り上がりでした。
 
 お手伝いをしてくださった人たちに「参加した理由は?」と聞くと以下のような答えが返ってきました。「ひまだから」「誘われたから」「おもしろそうだから」「パラリンピックが気になるから」「競技に出たかったから」「イベント好きなんです」「手伝いたかった」「世話好きなんです」「盛り上げたいと思って」「自分で役に立てるなら」と、実に様々で、さらにこんな答えもありました。
 
 「代表の髙橋さんに誘われたから」「誰々さんに来いと言われたから」。こういうイベントは誘われても「行けたら行きますね」と答えて、当日は来ないのが常套です。もとより運動会の中心人物であるパラ草の会代表・髙橋千善さんの求心力は「ただもの」ではありません。

 かくいう私も「伊藤さんにぴったりの会があるから」と言われてふらふらーと来てみてはまりました。この「ふらふら」は重要なキーワードかもしれません...。


このつづきは >>二宮清純責任編集「SPORTS COMMUNICATIONS」サイトでお楽しみください!




伊藤 数子(いとう かずこ)

挑戦者たち編集長
/NPO法人STAND代表理事

新潟県生まれ。1991年に車いす陸上を観戦したことがきっかけとなり、障害者スポーツの振興に携わるようになる。未来に向けて次代の選手・ファンを拡げていくために、障害者スポーツのスポーツとしてのおもしろさを伝えるウェブサイト「挑戦者たち」、障害者スポーツ競技大会のインターネットライブ中継「モバチュウ」、障害者スポーツ体験会などの事業を企業・団体と協働で展開している。2012年ロンドンパラリンピックでは日本選手たちの挑戦を伝えるウェブサイト「The Road to London」を開幕1年前に開設した。著書に「ようこそ、障害者スポーツへ -パラリンピックを目指すアスリートたち-」(廣済堂出版)など。

ロンドン2012パラリンピック 日本選手たちの挑戦 「The Road to London」

フェイスブック

ツイッター

  • 清水建設株式会社
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト