編集長コラム

障害者スポーツのおもしろさを求め、現場へ

第112回 聖火をつなぎ、先人に思いを馳せる ~感謝と希望の聖火リレー~

 2020東京オリンピックの聖火ランナーを務めさせていただくことになりました。決定した昨年末、Facebookで「聖火ランナー」について最初のメッセージを発信しました。その中で私は「石川県を走る」と書いています。

<聖火ランナーとして、石川県を走らせていただくことになりました。なんて光栄なことでしょう。今から足が震えています。本当にありがとうございます。感謝と希望を胸に、心を込めて走ります>

 Facebookでの報告後、大変な数のお返事をいただきました。祝福、応援、激励など。中には「転ぶな」、「練習につきあいます」という方までいらっしゃいました。

 聖火ランナーを拝命したのは、支えてくださる皆さまのおかげであり、大変、光栄なことだと感じました。嬉しいし、感謝でいっぱい。心を込めて「走る」と考えていました。しかし、この思いは少しずつ変わっていくことになります...。


このつづきは >>二宮清純責任編集「SPORTS COMMUNICATIONS」サイトでお楽しみください!




伊藤 数子(いとう かずこ)

挑戦者たち編集長
/NPO法人STAND代表理事

新潟県生まれ。1991年に車いす陸上を観戦したことがきっかけとなり、障害者スポーツの振興に携わるようになる。未来に向けて次代の選手・ファンを拡げていくために、障害者スポーツのスポーツとしてのおもしろさを伝えるウェブサイト「挑戦者たち」、障害者スポーツ競技大会のインターネットライブ中継「モバチュウ」、障害者スポーツ体験会などの事業を企業・団体と協働で展開している。2012年ロンドンパラリンピックでは日本選手たちの挑戦を伝えるウェブサイト「The Road to London」を開幕1年前に開設した。著書に「ようこそ、障害者スポーツへ -パラリンピックを目指すアスリートたち-」(廣済堂出版)など。

ロンドン2012パラリンピック 日本選手たちの挑戦 「The Road to London」

フェイスブック

ツイッター

  • 清水建設株式会社
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト