編集長コラム

障害者スポーツのおもしろさを求め、現場へ

第126回 あつ森するのに、目標設定はいるのかなあ?

写真:えちごやのプレー画面より。©Nintendo ぷよぷよを皮切りにeスポーツを始めて半年。そして「あつまれどうぶつの森」(通称・あつ森)を始めて3カ月が経ちました。ずっとゲームが苦手だった私がeスポーツを始めた理由は、以前のコラムを参照( 「ぷよぷよ始めました」)いただくとして、今もプレーしながら「果たしてこれはeスポーツなのか?」という疑問は持ったままです。
 
 さて、あつ森では無人島で個性豊かな仲間たちと暮らしています。島でのアクティビティの中には「釣り」があります。調べてみるとインターネットを介して、島同士を訪問、交流できるようになっていて、ある島では「釣り大会」が催されているとのこと。「大会」となれば、これは完全にスポーツです。早くそこに到達できるように......と夢は広がります。

 さて、あつ森生活の様子を少しご紹介します。すでに家も建てたし、橋もつくりました。島のお友達に釣果の「イカ」をプレゼントするとお返しに「ジャージ」をくれました。かわいいです。「クリオネ」をプレゼントすると、お礼にと「シンプルなトレーナー」をもらいました。あと、マウンテンパーカーをもらったこともあります。仲間たちはみんな義理堅くて優しくて、とても嬉しい! 私(えちごや)もこの世界に馴染んできているかのかな~、と感じています...。


このつづきは >>二宮清純責任編集「SPORTS COMMUNICATIONS」サイトでお楽しみください!




伊藤 数子(いとう かずこ)

挑戦者たち編集長
/NPO法人STAND代表理事

新潟県生まれ。1991年に車いす陸上を観戦したことがきっかけとなり、障害者スポーツの振興に携わるようになる。未来に向けて次代の選手・ファンを拡げていくために、障害者スポーツのスポーツとしてのおもしろさを伝えるウェブサイト「挑戦者たち」、障害者スポーツ競技大会のインターネットライブ中継「モバチュウ」、障害者スポーツ体験会などの事業を企業・団体と協働で展開している。2012年ロンドンパラリンピックでは日本選手たちの挑戦を伝えるウェブサイト「The Road to London」を開幕1年前に開設した。著書に「ようこそ、障害者スポーツへ -パラリンピックを目指すアスリートたち-」(廣済堂出版)など。

ロンドン2012パラリンピック 日本選手たちの挑戦 「The Road to London」

フェイスブック

ツイッター

  • 清水建設株式会社
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト