編集長コラム

障害者スポーツのおもしろさを求め、現場へ

第123回 YouTuberへの長い道のり 乙村さんとの往復書簡編

写真:ゲーム機コントローラー 年の瀬になっていよいよ「ぷよぷよ」が動き始めました......。なぜ、そんなに時間がかかるのか、聞いてください。

 そもそもゲームに興味がない私にとってゲーム、そしてeスポーツはハードルが高い事案でした。さらにプレイの様子を録画してYouTubeにアップし、YouTuberになることをセットで開始したのも見通しが甘かった。録画、編集など、準備することが多すぎてハードルが高くなっていきました。しかも「ぷよぷよ始めます!」と宣言したため、義務感に押しつぶされそうになり、ますます遠ざかってしまったのでした。

 こんなぐずぐずの私なのにもかかわらず、あるリモートミーティングで前向き感たっぷりにeスポーツへの挑戦とばかりに話したところ、同席されていたIOデータ機器の細野会長がゲームの録画用ビデオキャプチャーを提供してくださいました。「やった、これでユーチューバーだ!」と喜んだのもつかの間、どうやってもうまく録画できません。そこに救世主として現れたのがIOデータ機器の乙村氏でした。ありがとうございます。

 ここからは、ぽんこつユーチューバー(ですらない・笑)の私を手取り足取り導いてくださった、乙村氏(以下、敬称略)の渾身のサポートぶりをご覧ください。

================
◎某月某日
伊藤:ううう。ビデオキャプチャーはそもそもPCにつなぐもの? 私のぷよぷよはPS4をテレビにつないでいます。どんなに頑張ってもつながらないもやもやの日曜日でした。何か方法はありますか?

乙村:ゲーム機とテレビの間に入るような接続です。

伊藤:むむむ。そうか。もやもや。やってみます。ほんと親離れのできぬ越後屋(私のニックネーム)ですみません。ありがとうございます。ちなみに提供いただいた機材はこちらですが、なんか様子が違うような...。


このつづきは >>二宮清純責任編集「SPORTS COMMUNICATIONS」サイトでお楽しみください!




伊藤 数子(いとう かずこ)

挑戦者たち編集長
/NPO法人STAND代表理事

新潟県生まれ。1991年に車いす陸上を観戦したことがきっかけとなり、障害者スポーツの振興に携わるようになる。未来に向けて次代の選手・ファンを拡げていくために、障害者スポーツのスポーツとしてのおもしろさを伝えるウェブサイト「挑戦者たち」、障害者スポーツ競技大会のインターネットライブ中継「モバチュウ」、障害者スポーツ体験会などの事業を企業・団体と協働で展開している。2012年ロンドンパラリンピックでは日本選手たちの挑戦を伝えるウェブサイト「The Road to London」を開幕1年前に開設した。著書に「ようこそ、障害者スポーツへ -パラリンピックを目指すアスリートたち-」(廣済堂出版)など。

ロンドン2012パラリンピック 日本選手たちの挑戦 「The Road to London」

フェイスブック

ツイッター

  • 清水建設株式会社
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト