二宮清純の視点

二宮清純が探る新たなるスポーツの地平線

第1回 "出会い"と"発見"の連続

~車いすテニス・コーチングの奥義~(1/4)

写真:車いすテニスの指導を始めて15年。丸山弘道コーチは日本の車いすテニスを世界に押し上げた第一人者と言っても過言ではない

 2008年北京パラリンピックではシングルスで悲願の金メダルに輝いた車いすテニスプレーヤー国枝慎吾。彼をジュニア時代から育成し、世界王者へと導いたのが丸山弘道だ。丸山が車いすテニスの指導を始めたのは今から14年前。あるプレーヤーからの猛アタックがきっかけだった。それまで全く接点がなかった車いすテニスの指導に、なぜ彼は熱中し始めたのか。その背景に二宮清純が迫った。そこには数々の出会いと発見があった。


二宮: 丸山さんが車いすテニスの指導をされ始めたのは、1997年。バルセロナ、アトランタと2大会連続でパラリンピックに出場した大森康克さんとの出会いがきっかけだったそうですね。

丸山: はい。当時、大森さんはそのシーズン限りでの引退を決めていました。そこで自らが発起人の一人として創設した日本マスターズ(NEC全日本選抜車いすテニス選手権大会)で最後にひと花咲かせ、現役の最後を飾ろうと思っていたようです。

二宮: それで白羽の矢が立ったのが丸山さんだったと?

丸山: そのようですね。でも、当時の私は車いすテニスを指導したことがなく、何の知識もありませんでした。ですから「コーチとして、自分は大森さんに何もできない」と一度、お断りをしたんです。それでも大森さんから猛アタックをかけられまして......。それで「ヒッティングパートナーでよければ」ということで、引き受けました。結果的に、優勝はできませんでしたが、大森さんは決勝に進出し、準優勝したんです。私自身、車いすテニスのノウハウもない中、よくやったなと。大役を果たしたことだし、これで車いすテニスとは離れて、また一般のジュニア育成に戻ろうと思っていました。ところが、大森さんから「次に指導してもらいたい選手がいるんだ。絶対に日本代表になるだけの力があるから、ぜひ指導してほしい」と言われたんです。今度こそ、断ろうと思いました。でも、もうその選手を呼んでいると言うんです。追い返すわけにもいかないですし、結局、断ることができませんでした。その選手というのが、2年後の2000年にシドニーパラリンピックに出場した山倉昭男さんでした。

写真:大森氏(右)の熱烈なアプローチによって始まった車いすテニスのレッスン。コーチとしての在り方を教えてもらった 写真/公益財団法人吉田記念テニス研修センターテニスとは似て非なるもの

二宮: 本格的に車いすテニスの指導に取り組み始めたのはいつ頃ですか?

丸山: 山倉さんを指導していくうちに、車いすテニスの指導にのめりこんでいきましたね。それは、車いすテニスへの考え方が変わっていったというのが大きかった。というのも、テニスコーチというのは、普及や強化以前に、老若男女問わず、そして障害の有無に関係なく、テニスというスポーツの楽しさを伝えることなんじゃないかと思ったんです。でも、大森さんを指導している時はそれがわかっていませんでした。そのことに気づかせてくれたのも大森さんだったんです。私は最初、大森さんに対して、荷物を持ってあげたり、車いすを押してあげたり......と至れり尽くせりでした。そんな私の態度に大森さんは嫌気がさしたんでしょうね。ある日、「あなたは私のコーチなのか、介助者なのか、どちらですか?」と聞いてきたんです。もちろん私は「コーチです」と答えました。そしたら「それなら、テニスコーチとしての仕事を全うしてください。私ができないのは階段を昇り降りすることだけ。あとは全て一人でできますから、自分のことは自分でやります」ときっぱりと言われました。その時、自分が指導者として大森さんに接していなかったことに初めて気付かされたんです。そこから徐々に車いすテニスへの考え方が変わり始めたことで、翌年98年からの指導へつながっていったのかなと思っています。

二宮: とはいえ、一般のテニスと車いすテニスとでは似て非なるもの。車いすテニスの指導ならではの難しさもあったのでは?

丸山: 最初のうちはわからないことだらけでしたね。ですから、私自身が選手と同じくらいに車いすテニスができるようになって初めて、「自分は車いすテニスのコーチです」と言おうと思いました。そこで毎週日曜日の業務終了後、車いすテニスの選手から1時間ほどのレッスンを受けました。実際にやってみて、何が難しかったかというと、まずボールを追って車いすを思いっきり漕ぐわけですが、いざ追いついてラケットでボールを打つ時にはもう腕がパンパンに張っちゃって、手が出てこないんです。とても相手コートにボールを打つなんてことはできませんでした。

写真:実際にやってみて、初めて車いすテニスの過酷さを痛感したという丸山コーチ。最初は漕ぐだけで精一杯だった

二宮: 車いすテニスの過酷さを身に染みて感じたと。

丸山: はい。これはもうテニスと同じだと考えてはいけないと思いました。同じテニスでも、車いすテニスという競技なんだと。それから選手と同じトレーニングをしました。ボールを打つということは専門分野ですからできたので、とにかくチェアワークをマスターするのに必死でしたね。3カ月くらい経って、ようやく選手とラリーができるくらいまでになりました。「車いすテニスのコーチです」と言えるようになったのは、それからです。

二宮: 一般のテニスと車いすテニスの指導面での違いは?

丸山: 山倉さんの時に、感覚の違いを教わりました。最初、私は普通のテニス同様に、必死になってボールを追いかけてワンバウンドで返していたんです。もちろん、車いすテニスが2バウンドまでOKということは知っていました。でも、わざと2バウンドで返したのでは、相手に失礼だろうと思っていたんです。ところが、山倉さんには「2バウンドで返してもらわないと練習にならないと」と言われてしまいました。

二宮: 実際の試合では2バウンドでのボールの方が多いわけですから、1バウンドばかりではタイミングがつかめないということですか?

丸山: そうなんです。こちらが良かれと思ってやっていたことが、山倉さんにとっては違っていたんですね。ですから、こういう球が来た時には、選手は走らされて2バウンドで返すだろうから、この球は2バウンドで打とうというふうに、1球1球、考えながら打つようにしました。やはり、一般のテニスとは違うスポーツとしてとらえなくてはいけないなと改めて痛感させられました。

写真:丸山コーチ(右)からテニスと車いすテニスとの指導の違いを聞き、改めて「似て非なる競技」と感じた二宮清純

(第2回につづく)

<丸山弘道(まるやま・ひろみち)プロフィール>
1969年7月20日、千葉県生まれ。公益財団法人吉田記念テニス研修センター(TTC)エリートコーチ。日本車いすテニス協会ナショナル男子チーム担当コーチ。10歳から地元の柏ローンテニスクラブに通い、高校、大学とテニス部に所属。明治大学時代にはインカレにも出場した。大学卒業後、一度は保険会社に就職したが、4年で退職。その後、テニスコーチとなり、TTCのジュニア選手担当コーチを務める。97年より車いすテニスの指導を始め、斎田悟司、国枝慎吾などパラリンピック選手を育成。ナショナルコーチとして初めて臨んだ2004年アテネ大会では男子ダブルスで斎田、国枝ペアを、そして08年の北京大会では男子シングルスで国枝を金メダルに導いた。

(構成・斎藤寿子)


写真:丸山弘道氏サイン色紙☆プレゼントのお知らせ☆
丸山弘道氏のサイン色紙を読者2名様にプレゼント致します。メールの件名に「丸山弘道氏のサイン色紙希望」と明記の上、本文に郵便番号・住所・お名前・電話番号、このコーナーへの感想をお書き添えいただき、こちらからお申し込みください。応募者多数の場合は抽選とし、当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。たくさんのご応募お待ちしております。(締め切り1/31)


「二宮清純の視点」に関するご意見・ご感想はこちらまで




二宮 清純(にのみや せいじゅん)

スポーツジャーナリスト。
1960年、愛媛県生まれ。オリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開。テレビのスポーツニュースや報道番組のコメンテーターとしても活動中。主な著書に「スポーツ名勝負物語」(講談社現代新書)、「プロ野球の一流たち」(講談社現代新書)など。障害者スポーツでは矢野繁樹、成田真由美、国枝慎吾などのノンフィクションを執筆している。

[HP] SPORTS COMMUNICATIONS ~二宮清純責任編集~


"挑戦者たち"への取材にあたって

totoバナー

[バックナンバー]

第78回 伊藤力選手(パラテコンドー)
 ~東京へと踏み出す新たなチカラ~

写真:伊藤力選手

第77回 瀬立モニカ選手(パラカヌー)
 ~2020東京へと続く航路~

写真:瀬立モニカ選手

第76回 齋田悟司選手
 ~挑戦し続ける車いすテニスのレジェンド~

写真:齋田悟司選手

第75回 山田拓朗選手
 ~パラアスリートの真の強化を目指す~

写真:山田拓朗選手

第74回 北沢洋平選手
 ~第一人者が創る電動車椅子サッカーの未来~

写真:北沢洋平選手

第73回 鈴木亜弥子選手(パラバドミントン)
 ~パラリンピック初代女王を目指して~

写真:鈴木亜弥子選手

第72回 髙田裕士・千明選手夫婦(陸上競技)
 ~夫婦で競い、共に目指す世界一への夢~

写真:髙田裕士選手写真:髙田千明選手

第71回 安達阿記子選手(ゴールボール)
 ~連覇に懸けるストライカー~

写真:安達阿記子選手

第70回 西崎哲男選手(パワーリフティング)
 ~夢を掲げるパワーリフター~

写真:西崎哲男選手

第69回 平澤奈古選手(アーチェリー)
 ~目標を見据え、無心で射抜く~

写真:平澤奈古選手

第68回 根木慎志氏
 ~パラスポーツの未来へ 新たな連携と普及への取り組み~

写真:根木慎志氏

第67回 鈴木大地スポーツ庁長官
 ~スポーツ庁初代長官が目指す共生社会~

写真:鈴木大地スポーツ庁長官

第66回 落合啓士選手(ブラインドサッカー)
 ~障がいを超えた絆で夢を追う~

写真:落合啓士選手

第65回 鹿沼由理恵選手(自転車)
 ~冬から夏へ、夢のペダルを漕ぐ~

写真:鹿沼由理恵選手

第64回 馳浩文部科学大臣
 ~オリンピック・パラリンピックは「三位一体」で~

写真:馳浩文部科学大臣

第63回 遠藤利明東京オリンピック・パラリンピック大臣
 ~未来の共生社会につなげる東京パラリンピック~

写真:遠藤利明東京オリンピック・パラリンピック大臣

第62回 廣瀬隆喜選手
 ~日本ボッチャ界を牽引するエース~

写真: 廣瀬隆喜選手

第61回 及川晋平ヘッドコーチ
 ~男子車椅子バスケ、指揮官が描くストーリー~

写真:及川晋平ヘッドコーチ

第60回 眞田卓選手
 ~"現状打破"掲げる車いすテニスプレーヤー~

写真:眞田卓選手

第59回 辻口博啓氏
 ~食とスポーツで明るい未来を~

写真:辻口博啓氏

第58回 高桑早生選手(陸上競技)
 ~義足のスプリンターが駆け抜けるリオ、東京への道~

写真:高桑早生選手

第57回 星野仙一氏
 ~進化のため、勝ちにこだわる~

写真:星野仙一氏

第56回 宮本洋一氏
 ~企業と共につくる東京2020のレガシー~

写真:宮本洋一氏

第55回 木村敬一選手(水泳)
 ~若きリーダーが見据えるパラスポーツの未来~

写真:木村敬一

第54回 橘香織ヘッドコーチ、上村知佳選手(車椅子バスケットボール)
 ~4年前のリベンジ、そして東京へ―~

写真:橘香織ヘッドコーチ写真:上村知佳選手

第53回 川淵三郎氏
 ~障がいの有無を超えたスポーツの力~

写真:川淵三郎氏

第52回 村尾信尚氏
 ~メディアが映し出すパラリンピックとは~

写真:村尾信尚氏

第51回 舛添要一東京都知事
 ~2020年に残したい成熟都市のレガシー~

写真:舛添要一東京都知事

第50回 黒岩祐治神奈川県知事
 超高齢社会を乗り越えるために ~パラリンピアンがもつノウハウ~

写真:黒岩祐治神奈川県知事

第49回 馳浩衆議院議員
 進む強化策 広がる支援の輪 ~2020年に向けて~

写真:馳浩衆議院議員

第48回 下村博文文部科学大臣
~2020年成功のカギは「オールジャパン」~

写真:下村博文文部科学大臣

第47回 菅義偉内閣官房長官
 世界へ発信 成熟ニッポンの姿 ~2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて~

写真:菅義偉内閣官房長官

第46回 花岡伸和選手(陸上競技)
 ~2020年へ選手強化の展望~

写真:花岡伸和選手

第45回 櫻井智野風氏
 ~科学が引き出す未知の力~

写真:櫻井智野風氏

第44回 田中晃氏
 ~スポーツ中継 新たなるチャレンジ~

写真:田中晃氏

第43回 久保恒造選手(クロスカントリースキー)
 ~悲願の金メダルを目指して~

写真:久保恒造選手

第42回 宮澤保夫氏
 ~「人を排除せず、認め、仲間をつくる」社会へ~

写真:宮澤保夫氏

第41回 鈴木寛氏
 ~2020 オリンピック・パラリンピック開催地決定!招致活動の現場と今後の展望~

写真:鈴木寛氏

第40回 田口亜希選手
 ~射撃に魅せられて~

写真:田口亜希選手

第39回 京谷和幸氏
 ~バスケットマンからサッカー指導者へ~

写真:京谷和幸氏

第38回 佐藤真海選手(陸上競技)
 ~東京がロンドンから学ぶこと~

写真:佐藤真海選手

第37回 鈴木孝幸選手(水泳)
 ~高まるパラリンピックの存在価値~

写真:鈴木孝幸選手

第36回 小倉和夫氏
 ~東京オリンピック・パラリンピック招致に向けて~

写真:小倉和夫氏

第35回 河野一郎氏
 ~日本のスポーツ振興の歩み~

写真:河野一郎氏

第34回 渡邉幸義氏
 ~スポーツの力でビジネスサポート~

写真:渡邉幸義氏

第33回 小宮正江選手、浦田理恵選手
 ~ゴールボールの世界に迫る~

写真:小宮正江選手写真:浦田理恵選手

第32回 秋山里奈選手(水泳)
 ~8年越しの金メダルへの軌跡~

写真:秋山里奈選手

第31回 ロンドンパラリンピック特別企画
写真:秋山里奈選手、車いすバスケ代表チーム、廣道純選手、国枝慎吾選手

第30回 半谷静香選手、小川直也氏 ~震災がもたらした出会い~
写真:半谷静香選手写真:小川直也氏

第29回 岩佐義明氏
 ~世界ベスト4へ"ハヤテジャパン"~

写真:岩佐義明氏

第28回 石井重行氏
 ~"異端児"から"世界トップメーカー"へ~

写真:石井重行氏

第27回 廣道純選手(陸上競技)
 ~日本人初のプロ車椅子ランナー~

写真:廣道純選手

第26回 寺西真人氏(水泳)
 ~知られざるタッピング技術と重要性~

写真:寺西真人氏

第25回 中北浩仁氏(アイススレッジホッケー)
 ~金メダルへの挑戦~

写真:中北浩仁氏

第24回 宮澤保夫氏
 ~排除のないスポーツ立国へ~

写真:宮澤保夫氏

第23回 丸山弘道氏
 ~車いすテニス・コーチングの奥義~

写真:丸山弘道氏

第22回 乙武洋匡氏
 ~未来を担う子どもたちへ~

写真:乙武洋匡氏

第21回 土田和歌子選手(陸上競技)
 ~進化し続けるパラリンピアン~

写真:土田和歌子選手

第20回 石井宏幸選手(ブラインドサッカー)
 ~サッカーに魅せられて~

写真:石井宏幸選手

第19回 臼井二美男氏
 ~義肢装具士が語るスポーツのススメ~

写真:臼井二美男氏

第18回 成田真由美選手
 ~酸いも甘いも味わった水泳人生~

写真:成田真由美選手

第17回 及川晋平選手(車椅子バスケットボール)
 ~"バスケバカ"の人生~

写真:及川晋平選手

第16回 中西麻耶選手(陸上競技)
 ~注目!世界の頂に最も近い日本人ジャンパー~

写真:中西麻耶選手

第15回 根木慎志選手
 ~車椅子バスケットボールと共に~

写真:根木慎志選手

第14回 中村太郎氏
 ~障害者スポーツの未来を語る~

写真:中村太郎氏

第13回 国枝慎吾選手(車いすテニス)
 ~世界のトップであり続けるために~

写真:国枝慎吾選手

第12回 三浦卓広氏
 ~新しい企業スポーツモデル~

写真:三浦卓広氏

第11回 大日方邦子選手(アルペンスキー)
 ~日本スポーツの未来のために~

写真:大日方邦子さん

第10回 田中晃氏
 ~スカパーの挑戦~

写真:田中晃氏

第9回 真野嘉久氏
 ~世界を目指せ! シッティングバレーボール~

写真:真野嘉久氏

第8回 笠井謙一氏
 ~東京都「スポーツ振興局」の試み~

写真:笠井謙一氏

第7回 河合純一氏(水泳)
 ~障害者スポーツの未来を考える~

写真:河合純一氏

第6回 狩野亮選手、マルハン韓裕社長~障害者スポーツと企業のかかわり~
写真:狩野亮選手写真:マルハン韓裕社長

第5回 中森邦男氏
 ~日本障害者スポーツの実相~

写真:中森邦男氏

第4回 森喜朗元首相
 ~国民誰にもスポーツする権利がある~

写真:森喜朗元首相

第3回 京谷和幸選手
 ~車椅子バスケの伝道師~

写真:京谷和幸選手

第2回 遠藤隆行選手
 ~氷上の格闘技に魅せられて~

写真:遠藤隆行選手

第1回 新田佳浩選手、荒井秀樹監督 ~パラリンピックへの熱き思い~
写真:新田佳浩選手写真:荒井秀樹監督


  • 清水建設株式会社
  • LIXIL×SPORTS
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト