二宮清純の視点

二宮清純が探る新たなるスポーツの地平線

第1回 快挙の舞台裏

~ゴールボールの世界に迫る~(1/2)

写真:キャプテンとしてチームを牽引した小宮正江選手(右)と、司令塔として鉄壁の壁を築き上げた浦田理恵選手今夏、12日間に渡って熱戦が繰り広げられたロンドンパラリンピック。ひときわ高い評価を得たのは、パラリンピックでは夏冬あわせて日本として初の団体競技金メダルに輝いたゴールボール女子だ。決勝ではパワーで圧倒する強豪・中国と死闘を繰り広げ、1-0の僅差で勝利。寸分の狂いもない見事なディフェンス力で準決勝まで37得点の中国を封じた。北京では7位という成績に終わり、聖火の前でリベンジを誓ったというキャプテン小宮正江と、守備の要である浦田理恵。果たして、金メダルへの道のりはどんなものだったのか。二宮清純が2人にロングインタビューを敢行。これまであまり知られることのなかったゴールボールの世界に迫った。

二宮: 金メダル、おめでとうございます。

小宮: ありがとうございます。アテネで銅メダルに終わった時からずっと金メダルを目指してやってきたので、諦めずに続けてきて良かったなという気持ちでいっぱいです。
浦田: 今回は日本を出発する前から、たくさんの方に応援してもらっていました。そういう意味でも、金メダルを持って帰ってくることができて、一緒に喜び合えたというのがメダル獲得以上に嬉しかったです。

相手の動きが見えていた中国戦

二宮: 決勝の中国戦ですが、前半4分で先制したものの、そこから均衡状態が続きました。相当なプレッシャーがあったのでは?

写真:アテネ、北京に続いて3度目の出場で悲願を達成。表彰式では国歌が歌えなくなるほど熱い思いがこみ上げた小宮: 中国は予選から圧倒的な力で勝ち上がってきていましたし、パラリンピックの前にも中国遠征に行って練習試合をしたりしていたので、中国がどれだけ強いかということは十分に分かっていました。でも、遠征やパラリンピックの予選リーグでの情報収集で、江黒直樹ヘッドコーチや市川喬一コーチが明確に戦略を出してくれていましたから、あとはそれをコートで実践するだけだったんです。

二宮: 最も得点能力の高い中国のセンターの選手にボールを触らせないように、両サイドにボールを集めるようにしていたと?

浦田: はい。センターの選手からのボールは強いので、そこから速攻をされないように、両サイドにストレートかクロスのボールを入れるということ。それと、ゴールボールはボールを取ってから10秒以内に投げなければいけないというルールがありますので、少しでも時間を使わせて慌てさせるために、両サイドへのボールもディフェンスに当たってラインの外に出るように、ギリギリを狙っていました。

二宮: そうした戦略が当たって、前半4分に安達阿記子選手が先取点を挙げました。

浦田: 中国のセンターの選手は、自分がボールを取って速攻をしたいがために、両サイドへのボールを取ろうと、徐々に守備範囲が広がっていっていたんです。跳ね返りやすい足首は、両足を揃えずに、少し上げて挟むようにしてボールを取るのですが、中国のセンターの選手はオーバー気味にサイドに飛んでいたために、ふとした瞬間に両足が落ちて、ボールが弾かれやすいようになっていました。そこに当てにいくという戦略が見事に当たったゴールでしたね。

二宮: 戦略としてはわかりますが、アイシェードで全く見えない状態で、どうやって当てにいくんですか?

写真:守備では絶対的な自信をもつ浦田選手。的確な指示でチームを勝利に導いた浦田: 普段の練習から、相手選手の身体のどの部分にボールが当たったか、音を聞き分ける"サーチ"というトレーニングをしているんです。ですから、試合の中でダブルサーチ(2人)、トリプルサーチ(3人)をしながら「脛の部分に当たっているね」「今のはセンターの手先だね」「じゃあ、あとボール1個分、中に入れようか」といったような細かいことを言い合いながら、センターの選手が最終的な判断を下して指示を出しているんです。
小宮: 一人一人がサーチをして声を出し合っていく中で、実際は見えないコートが頭の中でイメージすることで見えてくるんです。まさに中国戦は、相手の動きがはっきりと見えていました。

緻密でハードなスポーツ

二宮: 金メダル獲得の最大の要因は、やはり鉄壁な守備にあったと思います。しゃがみこんだ状態から、ボールの中の鈴の音を聞き分けて、素早く手足を伸ばして横たわるわけですが、時にぶつかったりすることはないのでしょうか?

浦田: ずっとトレーニングをしてきているので、今ではほとんどぶつかるようなことはないですね。ゴールから縦3メートルのところまでがディフェンスが許されている「チームエリア」なのですが、日本はその3メートルのライン上にセンターの選手が守って、そこから50センチ後ろに下がったところで両サイドの選手が守るようになっているんです。ですから、センターの私が時々、サイドの選手に蹴られたりすることもあるのですが、それは自分が相手のボールの勢いに押されてしまって、守備位置が下がってしまっている証拠なんです。そういうときは、すぐに修正します。

写真:予想以上の大きさと重さのボールを手に取り、ボクシングのブローにも似た衝撃を受けながら守り続けた彼女たちの強さに感嘆する二宮清純二宮: ボールの重さはバスケットボールのおよそ2倍の1.25キロもあります。これを勢いをつけて投げこまれたボールを身体で受け止めるわけですから、きっとアザもたくさんつくりながら守っているんでしょうね。

浦田: 初めて世界大会に出場させてもらった時には、ろっ骨を折りました(笑)。当時はまだゴールボールを始めて2年半くらいで、トレーニングも不十分でしたから、今よりも7キロくらい痩せていたんです。相手はブラジルだったのですが、試合をしている時は、相手がどれくらい体格のいい選手かわかりませんでした。でも、試合後に挨拶のハグをしたら、両手が背中までまわらなかったんです。それで「うわぁ、大きいなぁ」と。ボール自体も、それまで国内で受けたことのないような強さで、それをまともに受けてしまいました。試合中は集中していましたので、痛さも感じなかったのですが、試合後に息をしたり、少し笑ったりするだけで、痛くて......。そしたら肋骨が折れていました。身体づくりの重要性を感じてトレーニングをやるようになったのは、それからですね。

二宮: 見た目以上にハードな競技なんですね。

小宮: 私も北京の時に右肩を壊してしまいました。アテネ以降、ずっと休みなしでやってきたことが原因だったのですが、それも身体づくりを見直す、いいきっかけになりました。それと、今では左右両方で投球できることが武器のひとつになっているのですが、左は右肩を壊して投げられなかった時期に覚えたんです。まさに"ケガの功名"ですね。

写真:ロンドンパラリンピックの舞台裏やゴールボールの奥深さについての話は尽きず、鼎談は長時間に及んだ

(第2回につづく)

<小宮正江(こみや・まさえ)プロフィール>
1975年5月8日、福岡県生まれ。小学生の時に網膜色素変性症を発症し、徐々に視力の低下とともに視野が狭まる。現在は約2%程度の視野の範囲で生活をしている。小学5年から中学3年までバレーボール部に所属。九州産業大学卒業後、一般企業に就職するも、一般事務での就業が難しくなり、大好きなマッサージを活かした職業をしようと、資格を取得するために国立福岡視力障害センターに通う。同センターでゴールボールと出合い、2004年アテネパラリンピックでは銅メダルを獲得。7位に終わった08年北京での雪辱を果たし、今夏のロンドンでは主将としてチームをまとめ、団体競技初の金メダルを獲得した。障がい者スポーツ選手雇用センター「シーズアスリート」所属。(株式会社アソウ・ヒューマニーセンターより出向)
障がい者スポーツ選手雇用センター「シーズアスリート」 http://athlete.ahc-net.co.jp

<浦田理恵(うらた・りえ)プロフィール>
1977年7月1日、熊本県生まれ。福岡県在住。20歳の時に急激に視力が衰え、徐々に視野が狭まっていった。1年半後、意を決して両親に告げるとともに、病院で網膜色素変性症と診断される。現在は左目の視力はなく、現在は約2%程度の視野の範囲で強いコントラストのみ判別可能。国立福岡視力障害センターに通っていた2004年、アテネパラリンピックで銅メダルを獲得した小宮選手の姿に憧れ、ゴールボールを始める。念願の出場となった北京パラリンピックでは7位に終わるも、今夏のロンドンでは副キャプテンとして、そしてコートではセンタープレーヤー(司令塔)として活躍し、金メダルに輝いた。障がい者スポーツ選手雇用センター「シーズアスリート」所属。(総合メディカル株式会社より出向)
障がい者スポーツ選手雇用センター「シーズアスリート」 http://athlete.ahc-net.co.jp

(構成・斎藤寿子)


写真:小宮正江選手、浦田理恵選手のサイン入りシーズアスリートオリジナルTシャツ
シーズアスリート 公式オリジナルグッズ
オンライン販売ホームページ
☆プレゼントのお知らせ☆
小宮正江選手、浦田理恵選手のサイン入りシーズアスリートオリジナルTシャツを読者2名様にプレゼント致します。メールの件名に「小宮選手、浦田選手のシーズアスリートオリジナルTシャツ希望」と明記の上、本文に郵便番号・住所・お名前・電話番号、このコーナーへの感想をお書き添えいただき、こちらからお申し込みください。応募者多数の場合は抽選とし、当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。(サイズはMサイズで、色はこちらで選ばせて頂きます) たくさんのご応募お待ちしております。(締め切り11/15)


「二宮清純の視点」に関するご意見・ご感想はこちらまで




二宮 清純(にのみや せいじゅん)

スポーツジャーナリスト。
1960年、愛媛県生まれ。オリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開。テレビのスポーツニュースや報道番組のコメンテーターとしても活動中。主な著書に「スポーツ名勝負物語」(講談社現代新書)、「プロ野球の一流たち」(講談社現代新書)など。障害者スポーツでは矢野繁樹、成田真由美、国枝慎吾などのノンフィクションを執筆している。

[HP] SPORTS COMMUNICATIONS ~二宮清純責任編集~


"挑戦者たち"への取材にあたって

totoバナー

[バックナンバー]

第86回 初瀬勇輔選手(視覚障害者柔道)
 ~“自他共栄”でつくる共生社会へ~

初瀬勇輔選手

第85回 永野明選手(プロハンドサイクリスト)
 ~未知の世界へと漕ぎ続ける挑戦者~

永野明選手

第84回 西勇輝選手(陸上競技)・古郡宏隆氏(野村不動産パートナーズ株式会社取締役兼執行役員
 ~選手と企業、一体となって東京を駆ける~

写真:西勇輝選手・古郡宏隆氏

第83回 多川知希選手
 ~“二足のわらじ”で目指すもの~

写真:多川知希選手

第82回 丸川珠代東京オリンピック・パラリンピック担当大臣
 ~2020年東京大会成功へ、汗かき役として動き回る~

写真:丸川珠代東京オリンピック・パラリンピック担当大臣

第81回 佐藤圭太選手
 ~日本人初の100メートル10秒台&メダルを目指すスプリンター~

写真:佐藤圭太選手

第80回 木村潤平選手
 ~前向きに突き進むパラスポーツの鉄人~

写真:木村潤平選手

第79回 吉田信一選手
 ~世界で煌めく金髪の卓球王~

写真:吉田信一選手

第78回 伊藤力選手(パラテコンドー)
 ~東京へと踏み出す新たなチカラ~

写真:伊藤力選手

第77回 瀬立モニカ選手(パラカヌー)
 ~2020東京へと続く航路~

写真:瀬立モニカ選手

第76回 齋田悟司選手
 ~挑戦し続ける車いすテニスのレジェンド~

写真:齋田悟司選手

第75回 山田拓朗選手
 ~パラアスリートの真の強化を目指す~

写真:山田拓朗選手

第74回 北沢洋平選手
 ~第一人者が創る電動車椅子サッカーの未来~

写真:北沢洋平選手

第73回 鈴木亜弥子選手(パラバドミントン)
 ~パラリンピック初代女王を目指して~

写真:鈴木亜弥子選手

第72回 髙田裕士・千明選手夫婦(陸上競技)
 ~夫婦で競い、共に目指す世界一への夢~

写真:髙田裕士選手写真:髙田千明選手

第71回 安達阿記子選手(ゴールボール)
 ~連覇に懸けるストライカー~

写真:安達阿記子選手

第70回 西崎哲男選手(パワーリフティング)
 ~夢を掲げるパワーリフター~

写真:西崎哲男選手

第69回 平澤奈古選手(アーチェリー)
 ~目標を見据え、無心で射抜く~

写真:平澤奈古選手

第68回 根木慎志氏
 ~パラスポーツの未来へ 新たな連携と普及への取り組み~

写真:根木慎志氏

第67回 鈴木大地スポーツ庁長官
 ~スポーツ庁初代長官が目指す共生社会~

写真:鈴木大地スポーツ庁長官

第66回 落合啓士選手(ブラインドサッカー)
 ~障がいを超えた絆で夢を追う~

写真:落合啓士選手

第65回 鹿沼由理恵選手(自転車)
 ~冬から夏へ、夢のペダルを漕ぐ~

写真:鹿沼由理恵選手

第64回 馳浩文部科学大臣
 ~オリンピック・パラリンピックは「三位一体」で~

写真:馳浩文部科学大臣

第63回 遠藤利明東京オリンピック・パラリンピック大臣
 ~未来の共生社会につなげる東京パラリンピック~

写真:遠藤利明東京オリンピック・パラリンピック大臣

第62回 廣瀬隆喜選手
 ~日本ボッチャ界を牽引するエース~

写真: 廣瀬隆喜選手

第61回 及川晋平ヘッドコーチ
 ~男子車椅子バスケ、指揮官が描くストーリー~

写真:及川晋平ヘッドコーチ

第60回 眞田卓選手
 ~"現状打破"掲げる車いすテニスプレーヤー~

写真:眞田卓選手

第59回 辻口博啓氏
 ~食とスポーツで明るい未来を~

写真:辻口博啓氏

第58回 高桑早生選手(陸上競技)
 ~義足のスプリンターが駆け抜けるリオ、東京への道~

写真:高桑早生選手

第57回 星野仙一氏
 ~進化のため、勝ちにこだわる~

写真:星野仙一氏

第56回 宮本洋一氏
 ~企業と共につくる東京2020のレガシー~

写真:宮本洋一氏

第55回 木村敬一選手(水泳)
 ~若きリーダーが見据えるパラスポーツの未来~

写真:木村敬一

第54回 橘香織ヘッドコーチ、上村知佳選手(車椅子バスケットボール)
 ~4年前のリベンジ、そして東京へ―~

写真:橘香織ヘッドコーチ写真:上村知佳選手

第53回 川淵三郎氏
 ~障がいの有無を超えたスポーツの力~

写真:川淵三郎氏

第52回 村尾信尚氏
 ~メディアが映し出すパラリンピックとは~

写真:村尾信尚氏

第51回 舛添要一東京都知事
 ~2020年に残したい成熟都市のレガシー~

写真:舛添要一東京都知事

第50回 黒岩祐治神奈川県知事
 超高齢社会を乗り越えるために ~パラリンピアンがもつノウハウ~

写真:黒岩祐治神奈川県知事

第49回 馳浩衆議院議員
 進む強化策 広がる支援の輪 ~2020年に向けて~

写真:馳浩衆議院議員

第48回 下村博文文部科学大臣
~2020年成功のカギは「オールジャパン」~

写真:下村博文文部科学大臣

第47回 菅義偉内閣官房長官
 世界へ発信 成熟ニッポンの姿 ~2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて~

写真:菅義偉内閣官房長官

第46回 花岡伸和選手(陸上競技)
 ~2020年へ選手強化の展望~

写真:花岡伸和選手

第45回 櫻井智野風氏
 ~科学が引き出す未知の力~

写真:櫻井智野風氏

第44回 田中晃氏
 ~スポーツ中継 新たなるチャレンジ~

写真:田中晃氏

第43回 久保恒造選手(クロスカントリースキー)
 ~悲願の金メダルを目指して~

写真:久保恒造選手

第42回 宮澤保夫氏
 ~「人を排除せず、認め、仲間をつくる」社会へ~

写真:宮澤保夫氏

第41回 鈴木寛氏
 ~2020 オリンピック・パラリンピック開催地決定!招致活動の現場と今後の展望~

写真:鈴木寛氏

第40回 田口亜希選手
 ~射撃に魅せられて~

写真:田口亜希選手

第39回 京谷和幸氏
 ~バスケットマンからサッカー指導者へ~

写真:京谷和幸氏

第38回 佐藤真海選手(陸上競技)
 ~東京がロンドンから学ぶこと~

写真:佐藤真海選手

第37回 鈴木孝幸選手(水泳)
 ~高まるパラリンピックの存在価値~

写真:鈴木孝幸選手

第36回 小倉和夫氏
 ~東京オリンピック・パラリンピック招致に向けて~

写真:小倉和夫氏

第35回 河野一郎氏
 ~日本のスポーツ振興の歩み~

写真:河野一郎氏

第34回 渡邉幸義氏
 ~スポーツの力でビジネスサポート~

写真:渡邉幸義氏

第33回 小宮正江選手、浦田理恵選手
 ~ゴールボールの世界に迫る~

写真:小宮正江選手写真:浦田理恵選手

第32回 秋山里奈選手(水泳)
 ~8年越しの金メダルへの軌跡~

写真:秋山里奈選手

第31回 ロンドンパラリンピック特別企画
写真:秋山里奈選手、車いすバスケ代表チーム、廣道純選手、国枝慎吾選手

第30回 半谷静香選手、小川直也氏 ~震災がもたらした出会い~
写真:半谷静香選手写真:小川直也氏

第29回 岩佐義明氏
 ~世界ベスト4へ"ハヤテジャパン"~

写真:岩佐義明氏

第28回 石井重行氏
 ~"異端児"から"世界トップメーカー"へ~

写真:石井重行氏

第27回 廣道純選手(陸上競技)
 ~日本人初のプロ車椅子ランナー~

写真:廣道純選手

第26回 寺西真人氏(水泳)
 ~知られざるタッピング技術と重要性~

写真:寺西真人氏

第25回 中北浩仁氏(アイススレッジホッケー)
 ~金メダルへの挑戦~

写真:中北浩仁氏

第24回 宮澤保夫氏
 ~排除のないスポーツ立国へ~

写真:宮澤保夫氏

第23回 丸山弘道氏
 ~車いすテニス・コーチングの奥義~

写真:丸山弘道氏

第22回 乙武洋匡氏
 ~未来を担う子どもたちへ~

写真:乙武洋匡氏

第21回 土田和歌子選手(陸上競技)
 ~進化し続けるパラリンピアン~

写真:土田和歌子選手

第20回 石井宏幸選手(ブラインドサッカー)
 ~サッカーに魅せられて~

写真:石井宏幸選手

第19回 臼井二美男氏
 ~義肢装具士が語るスポーツのススメ~

写真:臼井二美男氏

第18回 成田真由美選手
 ~酸いも甘いも味わった水泳人生~

写真:成田真由美選手

第17回 及川晋平選手(車椅子バスケットボール)
 ~"バスケバカ"の人生~

写真:及川晋平選手

第16回 中西麻耶選手(陸上競技)
 ~注目!世界の頂に最も近い日本人ジャンパー~

写真:中西麻耶選手

第15回 根木慎志選手
 ~車椅子バスケットボールと共に~

写真:根木慎志選手

第14回 中村太郎氏
 ~障害者スポーツの未来を語る~

写真:中村太郎氏

第13回 国枝慎吾選手(車いすテニス)
 ~世界のトップであり続けるために~

写真:国枝慎吾選手

第12回 三浦卓広氏
 ~新しい企業スポーツモデル~

写真:三浦卓広氏

第11回 大日方邦子選手(アルペンスキー)
 ~日本スポーツの未来のために~

写真:大日方邦子さん

第10回 田中晃氏
 ~スカパーの挑戦~

写真:田中晃氏

第9回 真野嘉久氏
 ~世界を目指せ! シッティングバレーボール~

写真:真野嘉久氏

第8回 笠井謙一氏
 ~東京都「スポーツ振興局」の試み~

写真:笠井謙一氏

第7回 河合純一氏(水泳)
 ~障害者スポーツの未来を考える~

写真:河合純一氏

第6回 狩野亮選手、マルハン韓裕社長~障害者スポーツと企業のかかわり~
写真:狩野亮選手写真:マルハン韓裕社長

第5回 中森邦男氏
 ~日本障害者スポーツの実相~

写真:中森邦男氏

第4回 森喜朗元首相
 ~国民誰にもスポーツする権利がある~

写真:森喜朗元首相

第3回 京谷和幸選手
 ~車椅子バスケの伝道師~

写真:京谷和幸選手

第2回 遠藤隆行選手
 ~氷上の格闘技に魅せられて~

写真:遠藤隆行選手

第1回 新田佳浩選手、荒井秀樹監督 ~パラリンピックへの熱き思い~
写真:新田佳浩選手写真:荒井秀樹監督


  • 清水建設株式会社
  • LIXIL×SPORTS
  • SPORTS COMMUNICATIONS - ~二宮清純責任編集~
  • www.shimizu12.com
  • Takemi Art Sports
  • ラジオデイズ:「声」と「語り」のダウンロードサイト